全国遊廓案内(昭和5) 岐阜縣

全国遊廓案内(昭和5) 岐阜縣
公開:2021/09/14 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『岐阜縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


岐阜縣の部

岐阜市金津遊廓

岐阜市金津遊廓は岐阜縣岐阜市金津新地に在つて、東海道線岐阜驛から市電に乘り「柳ケ瀬」停留場へ下車し、北西へ約八丁の處に大門がある。賃金は三錢。

鵜飼ひで有名な長良川は市の西側を流れて居る。金華山の山頂は稲葉城址で、關ケ原の合戰には、秀信が茲に據ったが、東軍の爲めに破られて高野山に走ったのを最後として、後は廃城と成って終った。其の西方には伊奈波神社があつて、市街一圓から長良川一帯を見渡した風光は誠に明媚である。

目下貸座敷は五十四軒あつて、娼妓は約四百八十人居る愛知縣岐阜縣の女が多い茲の組合では、共同炊事の設備をして、娼妓全體に一樣の食事を與へて居ると云ふ、誠に面白い風變りな遊廓である。店は寫眞式もあれば、陰店式もあり又居稼ぎ制の家もあれば、送り込み制の家もあつて一定して居ない。費用は一等一時間二圓二十錢、二等一時間一圓九十錢の割で、臺の物は別である。廻しは勿識取らない。最低一圓五十錢でも遊べる家がある。藝妓の玉代は一時間一圓十五錢。

妓樓は

第三ベーテ 松栄樓 豊本樓 新豊本 常盤樓 勢國樓 新吾妻樓 東雲樓 山縣屋 金生樓 盛玉樓 華月樓 旭樓 山本樓 山形樓 富久樓 桔梗樓 海月樓 浅野樓 大坂屋 森本樓 千秋樓 花菱樓 相生樓 梅月樓 豊明樓 萬梅樓 河内樓 玉家 益田樓 第一ベーテ 第二ベーテ 第三芙蓉 三浦屋 谷本樓 松月 稲川樓 第二富士岳樓 橋本樓 十四樓 笹本樓 福本樓 華陽 富士岳樓 百花樓 南芙蓉樓 住吉樓 ものしげ

揚屋は

特月 豊増 新福岡 紅葉家 の四軒である。

大垣市旭遊廓

大垣市旭遊廓は岐阜縣大垣市藤江町に在つて、東海道本線大垣驛、東南約八丁の地點に當つて居る。徒歩でも十五六分なら行ける處であるが、乗合自動車の便もある。

現在貸座敷は十八軒あつて、娼妓は全部で百三十人居る。而して娼妓は居稼ぎ制で送り込み制では無い。店の制度は全部寫眞式で、遊興の制度は時間制で廻しは取らない事になつて居る。甲は一時間一圓三十錢、乙では一時間一圓二十錢である。午後六時から翌朝迄で甲は十二圓、乙は十圓である。廻しを取らない處は大阪式であるから、少々費用は高く付くかも知れない。

妓樓は、望月樓、大阪樓、栄生樓、第三春生野、吉野樓、新吉野樓、橋本樓、金生樓、鈴本樓、廣島樓、豊春樓、第二南北樓、春生樓、玉泉樓、新春生樓、南北樓、石戸樓、第二春生樓等がある。

多治見町西ヶ原遊廓

多治見町西ヶ原遊廓は岐阜縣土岐郡多治見町西ヶ原に在って、中央線多治見驛へ下車すれば東へ約十丁の處である。乗合自動車の便があつて、西ケ原廓で下車すれば直ぐ眼の前に遊廓がある。

明治二十二年に岐阜縣令に因って、柴田利三郎氏が柴田家を開業したに始まつて、現在では娼樓十一軒、娼妓八十七人に殖えてる居る。此の元祖たる柴田家は現在でも営業を續けて居るが、相当の発展振りを示して居る。大體此の多治見町は大の陶業地なので、陶磁器界の盛衰が直ちに町の盛衰に影響を來し、町の盛衰が直ぐ樣遊廓に影響すると云ふ不離不即の深い関係に置かれた遊廓である。客筋は重に斯界の職人連である事を知るには、先づ次の遊興制度を見た方が手つ取り早いと思ふ。

店は寫眞制で、娼妓は總て居稼ぎ制で送り込み式では無い。時間制で廻しは一切取らない。其れも能率本位で、三十分が一仕切りと成って居り、此の一仕切りが金一圓二十錢也である。一時間が二圓二十錢に割引してある事等を見ても判る事だ。税は一圓に付き七錢宛徴収される事に成って居る。勿論一泊の制度もあるかも知れないが、ほんの一寸能率を上げるには割安で好都合ではあつても、一泊と成ると比較的割高に成ると思はねばならない。

妓樓は、新柴田、益田樓、清水樓、錦水樓、柴田家、和合樓、金花樓、思君樓、新柴家、大阪屋、福島、等である。


大名田町花岡遊廓

大名田町花岡遊廓は岐阜縣大野郡大名田町字花岡に在って、自動車の便がある。

貸座敷の許可地は三千五百坪あつて、目下妓樓は十二軒、娼妓は五十二人居る。店は寫眞店で陰店は張つて無い。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制で廻しは取らない。費用は一時間甲二圓、乙一圓七十五錢、丙一圓五十錢、外に税は約一割、何れも臺の物は附かない。引け過ぎからの一泊は三四圓程度だ。藝妓は居ない。

妓樓は山形屋、鶴夢樓、旭樓、ト一樓、盛喜樓、三喜樓、いろは樓、金盛樓、末廣樓、梅本樓、脇本樓、新曙樓の十二軒。

« 全国遊廓案内(昭和5) 愛知縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!