全国遊廓案内(昭和5) 新潟縣

全国遊廓案内(昭和5) 新潟縣
公開:2021/09/15 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『新潟縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


新潟縣の部

高田栄町遊廓

高田栄町遊廓は新潟縣高田市栄町に在って、信越線高田驛で下車すれば東へ約八丁の地點である。

高田は雪の高田として知られ、量に於ては本州第一の稱がある、スキー場も此處が中心と成って方々に在るが、金谷山スキー場は最も有名である。十三師団の指令部があり、高田城址、春日山上杉謙信公城址等がある。東洋プレート上越プレート、高田織物、高田製糸、日本製綿等の工場があり、浄興寺、本誓寺、瑞泉寺、性宗寺、善導寺其他有名な寺院が多い。遊女屋としては元禄年間の昔から在つたのであるが、明治五年の解放令に依って一時廃止されたけれども、間も無く認可されたので再び連続して今日に至ったものである。
現在は貸座敷が十九軒あつて娼妓は約百三十人居るが、殆んど本縣下の女計りである。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。本部屋は無く全部廻し制である。費用は甲が四圓、乙が三圓、丙は一圓九十五錢で一泊が出來、皆其れ其れ、簡単な臺の物が附く事に成つて居る。

妓樓には、増井樓、石田樓、和田樓、小川樓、笹樓、近藤樓、明治樓、三洲樓、鳥樓、阿彦樓。高田樓、奈部樓、新高樓、丸井樓、壽樓、岩長樓、五分一樓、平井樓、丸山樓等がある。

スキー節
「きらきらと空は晴れた、日はまぶし 行かうよね行きませうよね、野越え山越え何處迄も、ツ、、がツーツ、ツがツー」

直江津遊廓

直江津遊廓は北陸線直江津驛下車する。

此の町は上杉謙信の春日山城址を眺め左方には五智の國分寺がある。國分寺は聖武天皇の勅願行基の開基した天臺宗の古刹で大口、多寶、寶生、薬師、阿疆陀の五大佛を安置してある。

妓樓約十二軒娼妓は百二十人位居り近縣人が多い。店は陰店制であり娼妓は全部居稼制遊廓になつて居る。御定りは一時間二圓で時間に依つて三圓四圓となる、一泊となると四圓五十錢で遊興が出來臺の物も付く様である。藝妓も呼べる一時間祝儀共一圓八十錢位だ。

柏崎遊廓

柏崎遊廓は新潟縣刈羽郡柏崎町字新花町に在つて、信越線柏崎驛で下車すれば東北約十五丁の處である。乗合自動車の便があるので甚だ便利である。乘合は諏訪町三丁目で下車すれば宜しい。一人貨十錢。一臺貸切でも金五十錢である。

柏崎は人口約三萬、石油の都市として有名な處である、日本石油會社の製油所を初めとして、大小の石油工場と、麻眞田の工場が多い。工場が多い丈けに遊廓も仲々発展して居る。大柏崎として市政の施かれるのも近い將來にある事だらう。茲の遊廓は天保年間に驛馬宿を開かれた時に始まって、明暦の頃には既に同業者が五軒あつた。勿論其當時は宿場として散在して居たのであつたが、明治四十四年の大火に類焼したので、縣令に依って柏崎本町から現在の新花街へ移転したものである。

現在貸座敷が二十軒あつて、娼妓が約六十人居る。同縣の女が多いので、美人系の通つて居る地場丈けに比較的皮膚の色は白い様である、店は陰店式に成って居て、娼妓は送り込み制では無い。遊興は時間制で一切廻しは取らない。御定りは一時間二圓三十錢で、四十分を増す毎に五十五錢宛を増して行く事に成って居る。但し此の御定りには御銚子が附かないで、御茶と御菓子が附く事に成って居る。御銚子の御定りは二圓五十錢である。一泊は茶菓代共で六圓十五錢である。

米山甚句は、茲の本場で
「サーサ參らんせうや米山の薬師 一つは身のため、サ、主のため、」
「雪の達磨に夕ドンの目鼻 とけて流れて 色くろぐろと」

出雲崎町遊廓

出雲崎町遊廓は新潟縣出雲崎町にあつて信越本線柏崎或は新潟驛で越後鐵道に依って出雲崎で下車する。

附近は石油の産地で産出された石油を積出す港となつて居る。貸座敷十軒娼妓約八十名位居る。陰店を張って居り、居稼ぎ制である、御定りは一泊は六圓一時間一圓五十錢見当である。

寺泊町遊廓

寺泊町遊廓は新潟縣三島郡寺泊町に在つて、長岡鐵道寺泊驛から北方約十二丁、乘合自動車の便があつて、賃十錢である。

寺泊は縣の海岸中央の要港で越佐連絡船の發着所である。「漠々と佐渡に横たふ天の川」と云ふ句のある様に、佐渡と向ひ合つた海岸は誠に景色が優れて居る。近年字年友町に溫泉が湧出したので、俄かに人気が沸騰して、町は益々繁華に向ひつつある。海水浴場、縣立水産試験場、日蓮上人硯水の霊井、等がある。船人を相手とした私娼は、約七百年以前から居て、其れが明治初年娼妓に昇格してから、約七年間は宿場女郎式に散在して居たが、明治七年に現在の遊廓に移転して集娼制と成ったものである。

貸座敷は五軒あつて娼妓は十人居り、全部新潟縣の女計りである。店は陰店を張って居て、娼妓は居稼ぎ制、遊興は「廻し」で、費用は二圓乃至五圓で一泊が出來る。藝妓は居ない。本部屋も無い。

妓樓は再思樓、柳樓、美和樓、千歳樓、住川樓の五軒である。


小千谷町遊廓

小千谷町遊廓は新潟縣北魚沼郡小千谷町字船岡に在つて、上越線東小千谷驛へ下車して西南へ約二十丁、乗合自動車は驛から金十錢で行ける。

小千谷は小千谷縮布の産地として名高く、近年は絹縮布、絹上布、透綾、明石、絽等を織り出して益々好評を博して居る。明治四十三年には、附近に工兵大隊が出來たので、活氣ある町に一層の活気を増して來た模様である。遊廓は工兵大隊が出來てから、其の必要に迫られて新たに設置されたもので、歴史は至つて新らしい。

目下貸座敷は七軒あつて、娼妓は二十二人居るが、全部新潟縣の女計りである。店には寫眞も出て居なければ、陰店も張つて無い只樓名を染拔いた暖簾が掛って居る。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。廻し花制で通し花は取らない。費用は短時間遊びが一圓九十錢で、一泊は二圓五十錢位である。臺の物は附かない。

娼樓には、みどり樓、松尾樓、若松、松川樓、佳乃浦、大門樓、新盛樓等がある。

長岡遊廓

長岡遊廓は新潟縣長岡市文治町に在って、信越線長岡驛から西南へ約二十丁、乘合自動車は柳原交番所前で下車すれば宜しい。

長岡は牧野氏の舊城下で石油の都である。市の東方一帯は有名な東山油田で、餘りに繁く石油井の櫓が林立して居るので達望が利かぬ程である。市內には寶田製油所、中島製油所、寶田石油本社等があり、市からは板紙、カーバイト、銅器、名菓越の雪等が名産である。金峯神社、蒼柴神社等がある。元は南廓と、北廓との二遊廓が在ったのであるが、明治四十年に兩廓が合併して現在の文治町に移轉したものである。

目下貸座敷が三十二軒あつて、娼妓が約百二十人居るが縣下の女が多い。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。遊興は時間制もあるが大體に於て廻し制で、短時間遊び(約四十分間)が臺の物附き一圓八十錢、一泊が二圓五十錢位である。全部廻し部屋で本部屋制は無い。

娼樓は、若狭樓、全盛樓、園柴樓、稲本、寶來家、小須栗樓、今重樓、中川樓、上桝樓、大杉樓、清風樓、新小熊樓、小熊樓、玉樓、德栄樓、新明樓、面白栄樓、大須栗樓、北越樓、新柏樓、高砂漠、花月樓、多滿川樓、再思樓、高盛樓、今會樓、二重樓、清明樓、文明樓、新都樓、榮樂、敷島樓等がある。

藝妓の玉代は一時間目が一圓七十五霞で、二時間目と三時間目は一圓、四時間目以後は一時間七十五錢宛の割。

長岡甚句
「ああさお山の千秋櫻、花は千咲くなる實は一つ、九百九十九はそりや無駄の花」

三篠町遊廓

三篠町遊廓は新潟縣三條町本寺小路にあつて、驛から七町乘合自動車松屋小路迄十錢である。

維新の頃迄は古城町にも十五軒位の妓樓があったが明治初年縣令に依つて、本寺小路に合併して現在に及んだ物であるが、何しろ町の眞中にあるので問題となつて居るのである。妓樓四十四軒あるが中には一名位の家もあるし娼妓が居なくて貸席同様なもあるので娼妓は約六十人位で、殆ど女は北蒲原生れが多い様である。十七八歲の頃女中と言ふ名儀で住み込み二三年見習をさせて満二十歳に達した時に初めて客席に出すと言つて居る。御定りは一時間一枚と言って茶菓附一圓六十錢、更に一時間増す毎に一圓づつ増して行く計算に成て居る。一泊なら五圓から六圓見當である。特習は大晦日の夜はこの日の營業を休んで樓主以下藝娼妓全部集つて大騒ぎをする習慣になつて居り、娼妓は此の日に限り情夫を招く特権を與へられて居るのだ。

民謡「三條おけさ」盆だてがんね茄子の皮の雑炊だ、餘りてツこに盛りつけられて、鼻の頭焦がした(盆の十三日に紺屋が焼けた、をどりの浴衣がよくできた)

主なる娼樓、鹽屋、菊壽、朝日屋、山本屋、大阪屋、福田屋、泉屋、石持屋、柏徳、柏屋。

新津町遊廓

新津町遊廓は新潟縣新津町にあつて信越本線新津驛下車する。

磐越西線の接続點で柏崎長岡に次ぐ石油町である。信濃川と阿賀川の流域平野にあつて、交通の中心をなし益々繁榮に向ふ土地である。信濃川は昔此の邊で海に注いで居たものだそうだ、つまり海は此の邊迄入り込んで居たらしい、秋葉山に登つて附近を見ると合點される。

貸座敷は約六軒娼妓約六十人位い陰店を張って居る。御定りは時間制で一時間なら一圓五十錢又一泊なら五圓程度である。

新潟市十四番町(北廓)遊廓

新潟市十四番町(北廓)遊廓は新潟市十四番町にあつて、市街の中央の柾谷小路から本町或は東堀通りを眞直に北へ約十町、自動車なら一臺一圓見當で行く。

四ツ谷町一丁目東堀町十三番町、本町通り十四番町、寄附町西受地町横七番町二丁目等に跨がつて居るが元は常磐町本町十四番町の二ヶ所だつた。新潟は貧家娘や未亡人が內職的に稼いだのが色街の発端である。昔は新潟の「八百八嬬」と言つて有名であつた、古来新潟は富豪が多かったし花柳界の繁栄は大したものであつて爲めに美人連が集り自然淘汰されて今の美人系となつたとの噂である。

貸座敷九十四軒娼妓約五百人藝妓約六十人居つて藝妓は遊廓妓樓に抱へられて居るのだ。多くは陰店制であるが本町通り十四番町と常磐町通り方面には張店もあつて、昔からの遊廓気分がある。

有名な妓樓は、會津樓、會々樓、櫻家等で御定りは時間制となつて居るので一時間二圓見當、又一泊なら酒肴附或は茶菓附その家々に依つて異って居るが、六圓五十錢見當だ藝妓を呼ぶなら一時間(六本)一圓五十錢位の玉代である祝儀はなく特別祝儀は客の任意、特有の民謠「新潟おけさ」「樽たたき」「新潟追分」は近代味の豊富に洗練されたものである。

「おけさ節」おけさ正直ならそばにも寝せうが おけさ猫の性でじやれかかる
「越後追分」櫓の音もゆるく聞えて船江の春は 霞む粟生島ねむる佐渡


新發田遊廓

新發田遊廓は新潟縣北蒲原郡新發田町字三宣町に在つて、羽越線新發田県驛で下車すれば西へ約十三丁、乗合自動車を利用すれば「神明社前」で下車する。

新發田は溝口氏の舊城下で、大地主の多い處だけに小作争議も多い地方である。新發田城址は今兵営に成って居るが、濠と城垣のみは依然として昔の儘の懐かしい姿を残して居て、今は濠一面に蓮が繁殖して、夏の開花時節に成ると、花の開く音を聞く為めに、暁の暗い内から人が出盛ると云う話である。明治初年には舊藩主の許可を得て、當町旭町で貸座敷を營業して居たのであつたが、明治三十七年に全焼したので、間も無く本廓へ移轉したものである。

目下貸座敷が十九軒あつて、娼妓は百十八人居るが縣下の女が多い。店は陰店を張って居て、娼妓は居稼ぎ献で送り込みはやらない。遊興は通し花制と云ふ事には成って居るが、馴染客が登樓れば廻しを取る場合もあるらしい。費用は一泊が約五圓で臺の物は別勘定である短時間遊びは約二圓である。

娼樓には新盛樓、遊龜樓、緑樓、第二招月樓、三高樓、楳茶樓、群龜樓、千歲樓、招月樓、若松樓、吉田樓、高橋樓、角新樓、常盤樓、相生樓、丸川樓、山田樓、神風棲、初音樓等がある。藝妓の玉代は一時間一圓五十錢である。

中條町遊廓

中條町遊廓は新潟縣北蒲原郡中條町に在つて、羽越線中條驛で下車すれば約二丁も無い處であるから、何も乗物に乗る必要は無い。

此の町は別に取り立てて云ふ程の事は無いが、米、麥、梨等の農産物が相當に出るので、此の地方の町としては相當の重きをなして居る。尚此の町をして有名たらしめたものは、中條町遊廓の遊興費の低廉な事も與つて力あるとさへ人々は噂さして居る。

現在此の遊廓に貸座敷が十二軒あつて、娼妓が全部で五十一人居る。店は陰店で客を呼んで居て寫眞は出て居ない。娼妓は居稼制で送り込み制では無い。時間制で廻しは取らない事には成って居るが、事實は内證で取って居るらしい。御定りと云ふ物は別に無いが、一時間一圓が通り相場で、御茶に御菓子位が通される事に成って居る。一泊しても二圓乃至三圓位なものである。

五泉町馬場遊廓

五泉町馬場遊廓は新潟縣中蒲原郡五泉町字馬場新地にあつて、磐越西線五泉驛から西北へ約九丁、乘合自動車は遊廓前で下車する。賃十錢。

五泉は「五泉平」と云ふ袴地の産地として知られた處で、近年は羽二重、絹絽地等の聲價も高めて來た。舊幕時代には、土地に揚屋と稱する、私娼とる公娼とも着かない遊女屋があつた。此の揚屋が時代と共に其の制度は改廃されては來たが、遊女の本質其者は今日迄連綿として続いて來た。今の遊廓は其の後身である。

目下貸座敷は十四軒あつて、娼妓は二十七人居る。縣下の女が多い店は陰店を張って居て、娼妓は送り込み制るやつて居れば、又居稼ぎもやつて居る。遊興は時間制、又は通し花又は仕切花制で、廻しは取らない。費用は午後六時から十二時迄が三圓五十錢、午前一時から翌朝六時迄が二圓、午前七時から正午迄か一圓五十錢、午後一時から五時迄が二圓と仕切ってある。但し臺は別だ。だから此の仕切の時間を上手に遊べば、比較的安く遊べる處である。

妓樓は一濱樓、長榮樓、第一澤海屋、大松家、大橋家、千歳家、大和家、第二澤海屋、一本杉樓、新正樓、小柳、新川、田中樓、澤屋等である。

佐渡両津町夷町遊廓

佐渡両津町夷町遊廓は佐渡群両津町字夷町にあって、新潟から渡船が常に航行して居る。佐渡一の開港場である漁獲に富んで居る。

貸座敷七軒四十名位居り娼妓は送り込み制でなく全部居稼ぎ制で陰店を張つて居る。御定りは一時間一圓九十錢位で時間が長くなれば割合に安くなつて行く一泊なら六圓見當であつて、廻しを取る場合もあり取らぬ場合もある様だ。

兩津甚句
「雨津らんかん橋真中から折ると船で、通五ても止りやせぬ」

附近名勝。鴨樹、五月雨山。

樓名、中屋、吉田屋、干種樓、若松屋、都樓、沖口樓、紅梅樓。

両津町湊遊廓

両津町湊遊廓は新潟縣佐渡郡南津町字湊町に在って、佐渡島両津港桟橋から南へ約五丁の處に在る。

両津町は佐渡全島の關門で、全島の輸出入は殆んど此處からされると云つて善い。此處は幾分殖民地気分の在る所で、花柳界は相當に盛って居る。遊廓も湊遊廓の他に夷遊廓もあるが、二つ乍ら可成盛って居る。店は陰店で随分美しい。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制もやれば通し制もやる。客の好みに応じてやるのである。費用は甲が四圓、乙が三圓、丙が二圓で、税は二圓迄は附かない。二圓一錢以上から一割取られる。

佐渡のオケサ節は此處が発源地で、有名な金山の金北山迄唄ってある。
「佐渡へ佐渡へと草木もなびく、佐渡は居善いか住み着いか」
「佐渡の金北山はオシヤレの山よ、いつも加茂湖で水かがみ」

二見村遊廓

二見村遊廓は新潟縣佐渡郡二見村大字二見にある、佐渡は本州第二位の大きさを持つて居る島であるが島内には未だ鐵道なく概ね船便に依る外ない。船便に依る時は二見港にて下船し、又は澤根町より來る時は乗合自動車の便があり十五錢である。軒数三軒娼妓約六人位居る。此處は明治初年頃は和船多く出入し爲めに町も相当活気を呈し、軒數約十四五軒、娼妓約六七十名位居たのであるが、明治四十五年頃より次第に衰退したものである。店は主に雑居制即ち陰店制で東京式の廻し制である。御定りは一夜二圓五十錢で、茶或は其の他は附かぬ事になつて居るので客の随意であるが、一時間遊びは一圓である。
娼妓は重に本縣人で「佐渡おけさ」が之の土地の本物だけに情緒が深い。民謡「二見港へ月見においで花もあります、おけしょ花」

附近の名勝。二見神社、龍吟寺辨天岩順德天皇御手植の梅「鴛鴦梅」双股岩、月不見池等が非常に有名だ、又名物としては御櫻餅、おけさ團子等。

樓名、渡部樓、竹本樓、中島棲。

« 全国遊廓案内(昭和5) 長野縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!