全国遊廓案内(昭和5) 福井縣

全国遊廓案内(昭和5) 福井縣
公開:2021/09/15 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『福井縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


福井縣の部

福井縣も石川縣、富山縣等と共に、藝妓と娼妓との差の尠ない處で、大抵の妓樓では內藝妓を置いて居る。安価に発展する事も、石川縣、福井縣等と變りは無い。二枚鑑札の女も居る處がある。妓樓の割合に娼妓の尠ないのは斯うした理由に他ならない。都會を除けば附近の旅館から「引け過ぎに來て呉れ」と口を掛くれば三四圓で來る處が多い。

丸岡町富田遊廓

丸岡町富田遊廓は福井縣坂井郡丸岡町富田に在つて、北陸線丸岡驛、又は金津驛で下車したら、双方に電車があるから電車で「新丸岡」又は「本丸岡」迄行けば宜しい。

元有馬氏の舊城下で、霞ヶ城址には今でも三層樓閣が残って居て、高岡の瑞龍寺と共に北陸の二古建築物としてある。昔は随分斯界も繁昌して居たものだつたが、現在ではたつた六軒残って居るのみで、娼妓も二十六人しか居なく成つて居る。店は寫眞式で陰店は張つてない。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやつてない。遊興は通し花制で廻しは取らない。費用は三十分遊びと云ふのがあつて金一圓、一泊でも四五圓程度である。但し臺の物は別勘定である。税は一圓に附き八錢。

娼樓には、才京樓、松見樓、萬盛樓、春花樓、扇子樓、高駒樓等がある。

三國遊廓

三國遊廓は福井縣三國町新地に在つて、鐵道は三國線三國港驛で下車する。

三國は九頭龍川の川口に在る港町で、港の北方一里の所は安島崎で、崎の向ふには雄島が美しい浮島の様に浮いて居る。

貸座敷は目下十七軒あつて、娼妓は約六十人居る。石川縣、福井縣、香川縣等の女が多い。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制だ。遊興は時間花仕切花、通し花等で、廻し花は一切取らない。費用は御定り一仕切二圓位で、一泊は四圓位である。一時間遊は一圓五十錢位で、何れも臺の物は附かない。

福井市遊廓

福井市遊廓は福井縣福井市石場畑方に在つて、北陸線福井驛で下車する。乘合自動の便もある。

福井は元北の庄と云った所であるが、家康の二子結城秀康が福井城に入城すると同時に改稱したものである。縣廳の所在地で、羽二重の産地としては日本一だ。附近には、新田義貞を祀った藤島神社、柴田勝家を祀つた柳田神社等がある。

貸座敷は目下三十五軒あつて、娼妓は約二百人居る。石川縣、福井縣の女が多い。店は寫眞式で、娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制、仕切花制、通し花制で廻しは取らない。費用は一時間遊びが一圓五十錢位。一仕切が二圓、一泊が四五圓見當である。

大野町遊廓

大野町遊廓は輻井縣大野郡大野町字神明町に在つて、北陸線福井驛から電鐵で「大野」へ下車すれば宜しい。福井からの賃金は八十錢である。

目下貸座敷は十五軒あつて、娼妓は三十人、抱へ藝妓も二十人程居る。店は寫眞式の家と陰店の家とあつて、藝妓も娼妓も共に居稼ぎ制である。廻しは取らない。費用は縣知事の許可を得た値段を示して見ると、夜の十二時迄は花代四十分で一圓十錢宛、十二時以後翌朝迄は通し花が四圓四十錢、午前二時から朝迄なら通し花は二圓七十五錢と成って居る。藝妓は晝夜共一時間一圓十四錢宛の計算である。

中川樓、泉家、新田屋の三軒には藝妓しか居ないが、松竹樓、渡邊樓、山木樓、大和樓、面芳樓、龜井樓、春開樓、大華樓、大正樓等には藝娼共に居り、壽樓、清壽家、福井亭は娼妓専門である。

附近には有名な篠座神社がある。

勝山町湊遊廓

勝山町湊遊廓は福井縣大野郡勝山町字湊にあつて、鐵道は越前電氣鐵道勝山驛で下車し、驛から東北へ約七丁位の所にある。

遊廓は有名な九頭龍川の沿岸に沿ふて在つて、軒數約七軒、娼妓二十五人位居て全部居稼ぎ制である。大抵大阪式時間制で、廻しは取らない、店は陰店制である。遊興費は甲乙の別なく一時間一圓でそれに税は一圓に對し拾錢位掛る。即ち一切で二圓二拾錢である。臺の物は附かない。特殊な氣風としては、多く二枚鑑札の女が居て、遊樓と料理屋の兼業である。一見藝妓か娼妓か見當が附かないのもちょつと風變りであらう。九頭龍川の清流が裏を流れて居るので風致も宜しい。

妓樓は、白鳥館、夏目樓、誰が袖、富士本樓、白木屋、岐阜屋支店である。


鯖江町遊廓

鯖江町遊廓は福井縣今立郡鯖江町字清水に在つて、北陸線鯖江驛から東北へ約三丁の個所に在る。

此處は間部氏の舊城下で、町内には越前門徒の本山誠照寺、眞宗山本派の本山澄誠寺等があつて、佛教に縁の深い處である。歩兵三十六聯隊の司令部があり、海水浴場があつて、軈ては市政が敷かれやうと云ふ町である。此處には昔から女郎屋と稱する家が町の處々に散在したのであったが、廃藩と共に衰頽して、明治十五年頃には殆んば其の影をひそめて終わったが、明治十八年に現在の許可地へ遊廓を開設してからと云ふものは、めきめきと発展して忽ちの內に十二軒もの同業者が出來た。

目下貸座敷が十二軒あつて、娼妓は四十五人居る。石川縣及大阪府の女が多い。店は陰店を張つて居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。送り込みはやらない。遊興は時間花制で、廻しは一切取らない。費用は稅共一時間遊びが一圓六十五錢で、引け過ぎからの一泊なら三四圓程度であらる。臺の物は附かない。

娼樓には開進樓、泉屋、愛氣樓、紀の國屋、都樓、金花樓、晴雪樓、鶴龜樓、福月樓、大石樓、海洋樓、泉屋支店等がある。藝妓の花代は一時間一圓二十五錢。

鯖江音頭
「聞いて行かんせ鯖江の音頭、辛氣晴しやうさ晴し」
「鯖江音頭につひほだされて、今朝の旅立ちまた延びる」
土地には雲丹、かに、菜の花糖等の名物がある。

武生町遊廓

武生町遊廓は福井縣南條郡武生町字尾花に在つて、北陸線武生驛で下車すれば西北へ約七丁の地點に在る。

武生は昔府中と云つて越前國廳の在つた處である。前田利家の居城も茲に在つたので、歴史的にも一寸關係の浅からぬ處だ。今は打刄物、蚊張等の産地として聞えて居る。で右樣の次第なので宿場女郎としての存在も随分古来からあつたものらしいが、別段取立てて云ふ程の記録もつては居ないらしい。明治三十二三年頃に同業者が組合を組織して現在の許可地に移轉したものであるが、當時二十八軒あつた同業者が、現在では二十三軒に減って居る。娼妓は九十五人居る。が縣下の者よりも高知縣、大阪府等の女が大半を占めて居る。店は寫眞式で陰店は張つて無い。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制で廻しは取らない。費用は御定りと云ふ物は別に無いが、一時間遊びは二圓で、一泊は六七圓見當である。御銚子や臺の物は含んで無い。

妓樓は今川樓、勝見樓、南陽樓、福壽樓、喜楽亭、新愛知樓、一樂樓、勝山樓、吾妻樓、清香樓、廣瀬樓、梅花樓、大正樓、萬喜樓、朝日樓、昭和樓、森上樓、若松樓、月島樓、萬日樓、龜鶴樓、呑喜樓、松葉樓の二十三軒。

敦賀遊廓

敦賀遊廓は福井縣敦賀郡敦賀町に在つて、北陸線敦賀驛で下車すれば北へ約十五丁乗合自動車の便もある。

敦賀湾頭に在って、裏日本に於ける有數な良港である。労農露國ウラジオストトクとの交通門で、一週二回宛の連絡汽船が出る。貿易額も年々一億圓に近いと云ふ事だ。故に町の發展も素晴らしいもので、近くに市政も施かれると云ふ話である。

其の反映が直ちに遊廓に現はれて、現在揚屋及貸座敷の敷が五十七軒あつて、娼妓が五十五人、藝妓は百人近くも居ると云ふ有様である。茲の店は寫眞制で陰店は張つて居ない。娼妓は茶屋(揚屋)へ送り込み制の家もあれば、居稼制で自家へ客を揚げる家もある。全部時間制であるから廻しは絶對に取らない。最低一時間が一圓七十四錢で、二時間が二圓二三十錢、一泊が六七圓と云ふ處である。娼妓は福井縣よりも、富山石川方面の女が多い。

附近には、尊良親王、恒良親王の敗戦した金ヶ崎城址、官幣大社氣比神社等がある。

貸座敷業同名計五十七。
金八樓 安善樓 花房樓 中上樓 中駒樓 吉壽樓 石見樓 増由樓 花の家 武蔵屋 中由樓 安房樓 吉本樓 中増樓 松月亭 三河樓 清の家 枡久樓 福壽樓 中民樓 中米樓 新月樓 田口樓 開晴樓 藤君樓 丸谷樓 松の家 松葉家 丸菊樓 藤村樓 安本樓 宕光樓 安浅樓 作の家 西枡樓 安田樓 安八百樓 鈴花樓 松林樓 仲吉樓 江川樓 金井樓 増光樓 安よし樓 壽司清樓 井上樓 安鶴樓 四川樓 増米樓 立石樓 小島樓 平清樓 橋福樓 橋場樓 清風館 辻福樓 月の家

の五十七軒である。

小濱町遊廓

小濱町遊廓は福井縣小濱町に在つて、小濱線小濱驛で下車する。小濱は若狭第一の都會で、山紫水明の美に富んだ處である。小濱湾に沿つて弓なりに続いた小濱の市街、松ケ崎と裾崎が左右から押し迫って海門を成して居る様、双子島の翠色、風を孕んだ白帆等は完く絵を見る樣な美しさだ。

貸座敷は目下四十五軒あつて、娼妓は約百三十人程居る。店は陰店を張つて居て、娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制、仕切制で廻しは取らない。費用は御定り一仕切は二圓位、一時間遊びは一圓五十錢位、引過ぎの一泊は二三圓見当である。宵からの一泊は六七圓と見ねばならない。臺の物は別だ。

« 全国遊廓案内(昭和5) 石川縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!