全国遊廓案内(昭和5) 山口縣

全国遊廓案内(昭和5) 山口縣
公開:2021/09/10 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『山口縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


山口縣の部

柳井町遊廓

柳井町遊廓は山口縣玖珂郡柳井町字石原に在つて、山陽本線の柳井津驛から東北へ約十丁の個處にある。乗合自動車があつて、賃五錢である。

昔は柳井を大島津と云つて、瀬戸內海の要津だつた。源義經は此處で壇の浦攻撃の兵船を艤装した。中世には八幡船を乗り廻して盛んに海外をおびやかした海賊の本拠も茲に在つたと云はれて居る。

貸座敷は目下十六軒あつて娼妓は約八十人居る。九州地方の女が多い。店は寫眞店で、娼妓は居稼ぎ制廻しは取らない。遊興は時間制と通し花制で費用は、一時間遊びが一圓四十錢、全晝は三圓八十錢位。全夜は一泊六圓位で、臺の物は附かない。

附近には大師山公園、黑島海水浴場等があり、甘露、醤油、三角餅等が名產。

妓樓は筑紫樓、松島樓、第二松島樓、豊樓、等二ゆたか樓、第三豊樓、大正樓、粋來亭、駒止樓、花月樓、初勢樓、いろは樓、梅幸樓、丸一樓、正月棲、月見樓等がある。

徳山市遊廓

徳山市遊廓は山口縣徳山市新地に在って、山陽本線徳山驛で下車する乗合自動車の便がある。

德山は元毛利氏の支封地で、周防灘第一の良津である。大嶺から探掘した海軍用炭を製煉する海軍煉炭所がある。茲は又兒玉大將の出生地で兒玉文庫が在る。

貸座敷は目下二十軒あつて、娼妓は約百人居る。九州地方の女が多い、店は寫眞店で娼妓は全部居候ぎ制で送り込みはやらない。通し花制で廻しは取らない。一時間遊びは一圓五十錢で、全晝は四圓、全夜一泊は六圓である。税は一割。臺の物は附かない。

防府町三田尻遊廓

防府町三田尻遊廓は山口縣佐波郡防府町三田尻町字福裝町に在つて一名開地遊廓とも云つて居る。山陽線三田尻驛で下車すれば南へ十丁、三田尻港からは二丁の處である。驛から乗合自動車で「堀口」へ下車すれば直ぐだ。賃十五錢。

三田尻と宮市と合して防府町と成り、人口三萬を突破して、市政の施かれるのも近い內だらう。三田尻港は周防第一の良港で、附近から鹽の産出が多い、此處は、宿場から遊廓に成ったのは明治十年で、當時は海運の道しか無かつたが、現今では海陸共に便利である。

現在貸座敷が二十三軒あつて娼妓は九十人居る。主に福岡縣熊本縣の女が多い。店は寫真制で陰店は張って無い。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は通し花制で廻しは取らない。一時間遊びは一圓五十錢であるが、午七時から午後七時迄は五圓、午後七時から一泊して翌朝の七時迄は六圓である。但し臺の物は時下相場である。

貸座敷には永楽樓、満月樓、大福樓、朝進樓、一力凄、富士の家。加福樓、敷島樓、關の家、入船樓、菊水樓、二葉樓、第二福辰樓、吉野家、濱の家、有楽樓、半月樓、大正樓、三原棲、上野家、日乃家、福辰樓、昭和樓等である。

附近には松崎神社(天満宮)がある。

小郡町遊廓

小郡町遊廓は山口縣吉敷郡小郡町字大正町に在つて、山陽線小郡驛で下車すれば北へ約五丁、乗合自動車で大正町迄は金十錢である。

此處は遊廓に成って居ても、貸座敷は「花月樓」がたつた一軒しか無い。けれども娼妓が十六人も居て、可成大きくやつて居るから、土地の人の需要を満すには充分である。店は寫眞制に成つて居て陰店は張らない。通し花制で廻しは取らない。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。費用は御定り夜間は六圓、晝間は四圓、一時間遊びは一圓五十錢である。但し臺の物は別勘定である。

附近には湯田温泉、秋芳洞、長門峡等の名所がある。

山口市後町遊廓

山口市後町遊廓は山口縣山口市後町に在って、山口線山口驛で下車すれば北へ約五丁、別に柔物の便は無いがそぞろ歩きがてらには好適の場處である。

山口市は縣廳の所在地で、人口は約三萬餘、毛利氏の奮城下で山口燒の産地である。舊城址は目下龜山公圓に成つて居て、市街は相当に發展して居る。

遊廓には貸座敷が十五軒あつて、娼妓が八十人居る。店は陰店で客を引いて居り、娼妓は全部居稼制で途り込み式では無い。時間制で廻しは取らないから、本部屋と通し部屋との區別は無い。御定りは晝五関、夜一泊は六圓、何れも臺の物は一通り附く事に成つて居る。此の外に一時間一五十錢と云ふ遊び方もある。茲には箱が這入らない。娼妓は主に縣下の者が多い。

妓樓は、川本。曙樓、梅月、梅月支店、萩樓、大和、陽気、小谷支店、依附。小谷、東雲、一二三、對山、萬歲、福田、の十五軒。


宇部市遊廓

宇部市遊廓は山口縣宇部市老松町に在つて、山陽線宇部鐵道東新川驛から西へ約十丁、乗合自動車の便があつて賃十錢。

此の遊廓は明治四十年に許可されたるので、目下貸座敷が二十三軒あつて、娼妓は百三十人居る。山口縣の女が多い。附近に炭礦が出來たので、益々發展する傾向がある。店は寫眞店で、娼妓は全部居稼ぎ制、遊興は時間花、又は通し花制で廻しは絶對に取らない。費用は、一時間遊びが一圓五十錢、全晝間の通し花が四圓、全夜間の通し花が六圓で、税が一割掛る。臺の物は別である。

妓樓は、吉原樓、共遊樓、老松樓、緑屋、新緑樓、松翠樓、酒樂樓、共進樓、大幸樓、幸樓、月の家、龜屋、竹の家、濱の家、嗟樓、芳栄樓、壽樓、昭和樓、晴快樓、富善樓、蔦家、富士家、若葉樓、等である。

船木町遊廓

船木町遊廓は山口縣船木町に在って、山陽本線宇部驛から船木線に乘替へ、船木驛で下車する。

船木は街道に沿つた細長い町で、昔神功皇后征韓の時に、其の船材を供給した處で、船木の名は茲から出たものだと云はれて居る。船木櫛の名産がある。

貸座敷は目下二十六軒あつて、娼妓は約百人居る。山口縣、熊本縣の女が多い。店は寫眞店で、娼妓は全部居稼ぎ制。送り込みはやらない。遊興は通し花制で廻しは取らない。費用は一時間遊びが一圓四十錢全晝は五圓、全夜一泊が六圓で、臺の物は附かない。

小野田町遊廓

小野田町遊廓は山口縣厚狭郡小野田町に在つて、山陽線小野田驛で下車すれば南へ約二十丁。驛より小野田軽便鐵道を利用すれば「南中川」で下車し、共處より西へ約三丁步いても善く、又小野田驛より乗合自動車で「六十番入口」で下車する。

小野田は小野田セメント工場、日本舎密會社工場等があつて工業が盛んである。セメント町は元相当に大きな船も出入したものであるが、現在は湊が浅く成って小船しか出入口來なく成った。明治二十七年三月に遊廓の許可が下り、市街を離れて海邊に近い現在の許可地に宿場が移轉したものであるが、昔船舶の出入頻繁であつた時分の様な譯には行かない。

現在貸座敷が七軒あつて、娼妓が三十七人居る。店は陰店で寫眞は出して無い。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制だから廻しは取らない。費用は一時間遊びが約二圓、一泊が六七圓程度である。藝妓は這入らない。

妓樓は。松乃家、常盤樓本店、常盤樓支店、多滿留樓本店、多滿留樓支店、藤重樓、石福樓の七軒である。

清水小月町遊廓

清水小月町遊廓は山口縣豊浦郡清水小月町に在つて山陽本線の小月驛で下車する。

小月町は吉田川の沿岸にあつて、小月から約一里の上流に在る吉田は、高杉晋作の故郷で、東行庵がある。墓標の表には「東行墓」としてあつて、裏には「谷潛藏源春風號東行慶應三年丁卯四月十四日病没赤間關享年二十九」としてある。小月町には小月焼の名産がある。

貸座敷は目下七軒あつて。娼妓は約三十人居る。山口縣、福岡縣、熊本縣の女が多い。店は寫眞制で、娼妓は居録ぎ制、遊興は時間制と、通し花制で、費用は一時間遊びが一圓三十錢全晝は四圓五十錢、全夜一泊は五圓七十錢位である。臺の物は附かない。

特牛町遊廓

特牛町遊廓は山口縣特牛町に在つて、山陽本線幡生驛から小串線に乗り替へて、特牛驛で下車する。

貸座敷は目下七軒あつて、娼妓は約三十人居る。福岡、熊本、長崎地方の女が多い。店は寫眞店で、娼妓は全部居稼ぎ制、遊興は時間制、又は通し花制で、廻しは取らない。費用は、午前七時から午後七時迄が五圓、午後七時から翌朝七時迄が六圓、一時間遊びが一圓五十錢で、何れも臺の物は附かない。


下ノ關市

下ノ關市は瀬戸内海の西口を扼して、交通上軍事上椻要の位置を占めた要港で周防の上ノ關、中ノ關に對して着けた名稱である。賴山陽が馬關と雅號を着けた事があるので、日清談判が茲で行はれた事を「馬關條約」と云つて居る。昔から有名な要港で、今は釜山との連絡船を出る。硯、雲丹、鯨尾羽毛等が產物だ。壇の海は平家全滅の場所である事は天下周知の事實であるが、同時に平家蟹の産地である事も有名だ。又茲からは「小平家」と云ふ鯛に似た形で、上に白い斑のある魚が漁れる。男は蟹と成って永久に源氏を呪ひ女は魚と成つて久遠に怨むのだと云ふ傳説がある。事實、平家蟹も小平家も、他では絶對にとれないから不思議だ。下ノ關には、豊前町遊廓と裏町遊廓と、新地遊廊との三個所に遊廓がある。云ひ傳へに依ると、平家滅亡の際に生き残った女房達が、其の日の糧を得る爲めに春を賣ったのが初まりで、今日の盛大を成したものだとされて居る。

紅石山の麓には官幣中社赤間宮があって、古戦場が一望の下に見渡し得る處がある。例祭は毎年十月七日で、此の日には毎年市の遊女達が盛装をして茲に參詣をする事に成つて居る。此れは帝の忌日毎に參詣をした平家の女房達の風習が、今尚形ちの變つたものと成って残って居るものだと言はれて居る。

豊前田町遊廓

豊前田町遊廓には貸座敷が三十五軒あつて娼妓は約二百五十人居る。

裏町遊廓

裏町遊廓には貸座敷が十二軒あつて娼妓は約八十人居る。

新地遊廓

新地遊廓には貸座敷が四十三軒あつて娼妓は約三百人居る。何れも山口縣、福岡、熊本縣等の女が多く玉も比較的善いのが揃って居る。右三廓共店は寫眞店と陰店の兩制で、娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は何れも時間制、通し花制で廻しは取らない。費用は一時間遊びが一圓五十錢位、全晝は四圓五十錢位で、全夜一泊が六圓見當である臺の物は附かない。

萩町遊廓

萩町遊廓は山口縣萩町に在つて、山陰本線の萩驛で下車する。

貸座敷は現在十軒あって、娼妓は約四十人程居る。女は山口縣、及福岡縣の者が多い。店は寫眞店で、娼妓は全部居稼ぎだ。遊興は時間制、又は通し花制で廻しは取らない。費用は一時間遊びが一圓三十錢位、全晝は三圓五十錢、全夜一泊が五圓見当で、臺の物は別だ。

仙崎市遊廓

仙崎市遊廓は山口縣仙崎町に在つて、山陰本線正明市驛で下車する。

貸座敷は現在六軒あつて、娼妓は約二十人居る。店は寫眞店で、娼妓は居稼ぎ制、遊興は時間制、通し花制で廻しは取らない。費用は一時間遊びが一圓五十錢、一泊の通し花は五圓見當で、臺の物は叩かない。

« 全国遊廓案内(昭和5) 岡山縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!