全国遊廓案内(昭和5) 岡山縣

全国遊廓案内(昭和5) 岡山縣
公開:2021/09/10 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『岡山縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


岡山縣の部

岡山市東遊廓

岡山市東遊廓は岡山縣岡山市東中島新地に在つて、鐵道は山陽線岡山驛で下車する市内電車及乗合自動車の便もある。

岡山は元、字喜田氏の舊城下で今は人口は約十三四萬の大都會である。縣廳の所在地で岡山と云へば直ちに日本三公園の一たる後樂園を連想する。否寧ろ後樂園の名は知って居ても岡山市の名を知らぬ人が多い。其れ程後樂園の名は響いて居る。稜莚、紋莚、小倉織、綿ネル、備前焼、生糸等が產出され、米穀の取引も盛んだ貸座敷は目下約七十軒あって、娼妓は約四百人居るが、九州地方の女が重である。店は寫眞店で陰店を張って居る家もある。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制と通し花制で、廻しは一切取らない。費用は一時間遊びが一圓六七十錢位で、全晝は七圓全夜は八圓見当で、臺の物は附かない。

岡山市西遊廓

岡山市西遊廓は岡山縣岡山市西中島新地に在つて鐵道は山陽本線岡山驛で下車する市內電車及乘合自動車の便がある。

岡山は女に恵まれた處で、東廓の外に西廓をも持つて居る。兩廓共何れ劣らぬ賑かな殷盛振りを示して、晝猶絃歌の絶え間無いと云ふ有様だ。貸座敷は目下五十九軒あつて、娼妓は約三百五六十人居る。茲も矢張九州地方の女が多い店は寫眞店で陰店を張って居る家もある。娼妓は全部居繰ぎ制で、送り込みはやらない。遊興は時間制と通し花制で、廻し花は取らない。費用は一時間遊びが一圓五六十錢で、全晝は六七圓、金夜は七八圓見當である。臺の物は別だ。

津山市材木町遊廓

津山市材木町遊廓は岡山縣津山市材木町及伏見町に在って、作美線津山驛へ下車して東北へ約拾丁の個所に在る。

津山は松平氏の奮城下で、城址は今鶴山公園に成って居る。附近には久米の佐良山と云ふ古跡があつて、元弘帝が隠岐に御幸の時「聞き置きし、久米のさら山、越えゆかむ、道とはかねて、思ひやはせし」と詠ませられて久米のさら山を眺め、中島を過て此の院の庄に着かせられた。此の院庄は津山から一里の處に在って、備後三郎が「天真空勾践」と櫻樹に題した慮で、今は作楽神社を建てて後醍醐帝と兒島高德の霊を祀つて居る。明治維新の際に、藩主松平氏が、市の繁栄を計る爲めに補助金を交附して、初めて此の遊廓を設立したもので、他廓とは一寸其の行き方が異って居る。從つて其の建物や構造等は一寸他廓の追従を許されるのがある。設計者は當時の藩士榊原貞一氏であつた。

目下貸座敷は十八軒あつて、娼妓は約九十人居るが、重に近縣の女である。店は寫眞式に成つて居て陰店は張つて居ない。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない遊興は時間制と仕切花制とである。費用は一時間が一圓五十錢で、午後六時から終夜は八圓、引け過ぎからならば四五圓程度である。勿論客の廻しは取らない。臺の物は附かない藝妓は呼べない。

娼樓には、浪花樓、花月樓、一富士、油宗、見晴樓、菊水、日の出、都樓、松月、鶴の家、松田、春日樓、昭和樓、岡田樓、小野恵、大正樓、一心樓、金本樓等がある。

日比町日比港遊廓

日比町日比港遊廓は岡山縣兒島郡日比町字日比港にあつて。岡山驛乗換の宇野線に依り宇野驛で下車し、西南へ約一里餘町の海岸にある。乗合自動車の便があるので少しも不自由を感じない。料金は三十五錢である。

附近には三井物産造船部工場があるので割合に活気のある町である。遊樓は拾六軒、娼妓七十四人居るが、面白いのは居稼ぎ制もあるが客が自由に料理店へ呼び込む事も出來る事である。店は大概陰店制で、大阪式時間制で廻しは取らない。御定りは一泊七圓相場で又時間遊びは三圓位からある。遊興税は一割である。

妓樓は松葉度、三忠樓、三昌樓、山城樓、いろは樓、浅田家、金龍樓、丸福樓、播摩家、入船樓、海月樓、栄樓、浪花樓、大多福樓、日ノ出樓、丸竹樓。


下津井町遊廓

下津井町遊廓は岡山縣下津井町に在つて、鐵道は下津井線の下津井驛で下車する。下津井からは四國の丸龜行きと、多度津行きの汽船が出る。野濱加崎の尖端に在つて景色の善い處である。

貸座敷は十軒あつて、娼妓は十二三人居る。四國、九州地方の女である。店は陰店を張つて居て、娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制と通し花制で廻しは取らない。費用は一時間遊びが一圓二十錢位、全晝は五圓の全夜は六圓見當である。

倉敷市遊廓

倉敷市遊廓は岡山縣倉敷市川西町に在つて山陽線倉敷驛で下車すれば西南へ約五丁。乘合自動車は「川西町」で下車すれば宜しい。賃五錢。

倉敷附近は昔から富豪の多い地方で、邸宅や、店構へ等は仲々堂々たる者が多い。昔の宿場から今の遊廓に成つたのは明治四年で、目下貸座敷は十七軒あり、娼妓は百拾三人居るが、九州人が最も多く、次は香川縣の女である。店は寫眞式で陰店を張つて無い。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は通し花制で廻しは取らない。娼妓の風姿は重に素人風を装って居る。費用は晝六圓、夜十二時迄七圓、一泊は留花三圓増。一時間は一圓五十錢、四十分は一圓、右には全部一割の税が附く。臺の物は別勘定だ。

娼樓には、岩井樓、月見樓、いろは樓、入船樓、日之出本店、朝日樓、恵比壽樓、日進樓、内美樓、日之出支店、登記和樓、第二日進樓、平和樓、末廣樓、観月樓、明月越、富士月樓がある。

附近には金光教本臨、倉敷新溪園等がある。

玉島町遊廓

玉島町遊廓は岡山縣浅口郡玉島町字天満町に在つて、山陽線玉島驛で下車すれば南ヘ約二十五丁、乗合自動車を利用して玉島土手町迄行けば賃十五錢。

玉島は縣下第一の良港で、知盛、教盛等が源氏の軍を迎へ撃つた水島の古戰場に成って居る。港頭の上には圓通寺があつて眺望がよく、名僧良寬の修業した寺として有名だ。尚附近には金光教の本部があつて、團體の参詣人が多い。

當遊廓には目下座敷が十三軒あつて娼妓は五十人居るが、熊本、鹿兒島、香川縣等の女が多い。店は寫眞式で陰店は張つて居ない。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は通し花制で廻しは取らない。費用は一泊は六圓六十錢で十二時迄が三圓三十錢、短時間遊びには一圓六十五錢、一圓十錢等がある。但し臺の物は含んで居ない。

娼樓は於多福樓、二葉、大正樓、第一月の家、敷島、松月、第二月の家、山陽樓、喜楽、改光樓、壽樓、吾妻樓、天満樓等がある。

笠岡伏越遊廓

笠岡伏越遊廓は岡山縣小田郡笠岡町伏越に在つて、山陽線笠岡驛で下車すれば東南へ約五丁の處である。乘合自動車の便があつて、伏越停留場で下車すれば直ぐである。

笠岡町は瀬戸内海に監んだ港町で、四國への便船がある。大高島、小高島、白石島、北木島、眞鍋島、小飛島、大飛島等が鏡の様な海面に浮いて居て、山陽沿線でも景勝の地である。宿場から本廓に成ったのは、何年頃からであるかは判明してない。

現在貸座敷は拾六軒あつて、娼妓は六十三人居る。店は寫眞式で陰店は張らない。娼妓は居稼ぎ制で送り込み制では無い。遊び方は時間制で廻しは一切取らない。御定りは七圓廿錢であるが、午後九時から一泊ならば五圓である。廻しを取らないから本部屋も無い。税は玉代の九分である。茲の娼妓は總て藝妓の鑑札をも持つて居るので、御定りの時には必らず三味線を持参する事に成つて居る。三味を弾けば踊りも踊り、唄も唄へば舞も舞ふと云ふ誠に便利な娼妓である。須らく娼妓の質も茲迄向上せしめねばうそである。

妓樓は、栄樓、金八樓、吾妻樓、入船樓、勇喜樓、昭和樓、自由亭、月見樓、観海樓、朝日樓、三日月樓、虎屋樓、第二観海樓、於多福樓の十六軒。

« 全国遊廓案内(昭和5) 沖縄縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!