全国遊廓案内(昭和5) 長野縣

全国遊廓案内(昭和5) 長野縣
公開:2021/09/15 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『長野縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


長野縣の部

上諏訪町衣之渡遊廓

上諏訪町衣之渡遊廓は長野縣諏訪郡上諏訪町字衣之渡に在つて、中央線上諏訪驛の南方約三丁の地點に當つて居り、驛からは直通の大通りが貫通して居るので交通としては甚だ便利である。

此の遊廓は明治の初年に初めて設置されたもので、私娼、飯盛女等の進化したものであるとされて居る。

現在娼樓は八軒あつて、娼妓は三十人居る。店は寫眞制と陰店制とあるが寫眞制の店にも陰店はある。他の制度は總て廻し式で所謂東京式である。家に依つては多少の相違はあるが、御定りは點燈から翌朝迄四圓五十錢以下二圓止りで、一寸した撮み物と御銚子が一本着く事に成つて居る。勿論一割の遊興税は此の中に含んで居るのだ。尚此他に一時間遊びと云ふのがあつて、此れに限り廻しは取らない事に成って居る。此の料金は全部で一圓五十錢であるが、其の代り、臺の物は一切付かない事に成って居る。此の遊廓は比較的都曾人が出入して居るにも拘らず、諄朴で暴利を貪る様な事は無いらしい。娼妓は一枚鑑札ではあるが、大抵土地っ子が多いので、岡谷小唄、スケート節、伊那節、木曾節等の一くさり位は口づさむ筈である。町には藝妓も居るので呼ぶ事が出來る。大藝妓一時間玉代一圓、小藝妓一時間玉代七十錢である。

木曾節「木曾の御嶽夏でも寒い 袷やり度や 足袋添へて」
スケート節「諏訪のスケート、手に手を取りて オシの番か ぬれにちよう」

妓樓は、牡丹樓、高島樓、風来樓、新鳳来樓、日埜出樓、長登樓、新泉樓、旭樓の八軒。

鹽尻遊廓

鹽尻遊廓は長野縣東筑摩郡鹽尻町に在って、中央線鹽尻驛下車東へ約二十丁の地點に當つて居る。乗合自動車の便があつて、約十分で着く。

昔から鹽尻は中仙道の重要な宿場で、飯盛女と稱する宿場女郎が、盛んに旅人の客席に侍つたものであるが。明治に成って初めて一廓に取纏め、現在の如き遊廓を形成したものである。

貸座敷は目下九軒あつて、娼妓は全部で三十六人居る。制度は居稼ぎ制で、陰店に成つて居り、全部廻しを取る仕組みに成つて居る。御定りは三圓で遊興税も含んで居るが御定り以外に臺の物を注文した場合には、其の消費額の一割は遊興税として掛けられる。御定りの外に上床を要求し度い人は五十錢を奮発せねばならない。御定り金三圓也を支拂へば娼妓の外に酒肴が運ばれ、藝妓一組も酒席に現はれて座を賑はすと云ふ、誠に面白い風習のある處である。面白い計りではなく、三圓の御定りにチップの五十錢か一圓も奮発したのみで、藝妓を揚げて騒げる上に、貸座敷へ一泊が出來ると云ふのだから、斯んな安價な處も尠ないと思ふ。

昔から茲には鹽尻甚句と云ふ俗謡がある。
「行かうか鹽尻、歸らうか洗馬ヘ ここが思案の桔梗が原」

妓樓は信陽樓、若竹樓、三喜樓、大和樓、彌生樓、壽樓、湖尾樓、三盛樓、英樓の九軒である。

松本市遊廓

松本市遊廓は長野縣松本市横田町に在って、中央線松本驛からは約二十丁、驛から横田町迄電車を利用すれば賃九錢。

松本市は松本平の中心に在つて、舊戸田氏の城下である。城下は今兵営に成って居る。

附近は養蠶が盛んなので、繭、糸、蠶卵紙等の取引が多い。松本も一寸上野に似た感じのある處で、活気の溢れて居る處等は殖民地の、殊に臺北邊にでも行つた様な感じのする處でのる。高等學校が出來てからは珠に野球熱が盛んに成つて親子兄弟揃って野球チームに加盟して居る人も少くない。

貸座敷は目下二十一軒あつて、娼妓は百二十人居るが、多くは新潟縣の女である。店は寫眞式の家もあれば陰店を張つて居る家もあつてまちまちだ。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は廻し制で通し花はとらない。費用は甲が本部屋で酒肴附四圓五十錢、乙は廻し部屋酒肴附二圓五十錢、丙は廻し部屋茶菓附一圓九十錢で一泊可能である。

娼妓には、船來卒、萬舍、大悟大、松鶴樓、岩龜、第二舶来、悟大樓、角海老、白水、悟中樓、萬年樓、高砂、芳山樓、清江樓、萬龜、新舶来、蓬萊、悟三樓、三つ井樓、吾妻樓、岩井樓等がある。

藝妓の玉代は一圓、市の北方約十五丁の處には浅間温泉がある。

長野市遊廓

長野市遊廓は長野縣長野野市東鶴賀町に在つて、中央線長野驛で下車すれば乘合自動車の便がある。

長野は元善光寺と云つた處で、善光寺の門前から開らけて來た佛都である。長野と改稱したのは最近で、縣廳の所在地と成ってからは縣行政中心地と成った。長野を知らぬ人はあつても、善光寺を知らぬ人は無い。其れ程有名だ。長野には善光寺の外に往生寺がある。善光寺の境内から五六丁西へ行った往生寺山に在るのだ。石童丸の父、加藤左衛門重氏の苅萱道心が往生した所だと云ふ。西光寺には苅萱堂がある。加藤左衛門の開基で、石童丸が父を慕って來た處だ。茲には石童丸父子の墓もある。

遊廓には貸座敷が廿七軒あって、店は陰店を張つて居る。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は東京式の廻し制で費用は御定り甲四圓五十錢、乙三圓、丙二圓見當で臺の物が附く。甲は本部屋である。


坂城町遊廓

坂城町遊廓は長野縣埴科郡坂城町字坂城新地に在つて、信越線坂城驛からは半丁と距つて居ない。

坂城は千曲川の沿岸に在って「岩鼻や茲處にも月の友一人」と芭蕉の詠した處があつて、殊に「横吹」の勝地や、笄の渡場附近が風光優美である。昔は御天領の地で、宿場女郎の時代には、娼家が六十戶もあつて、素晴らしい發展振りだつたが、明治十二年に現在の個所に移轉を命ぜられ、集娼制に成ってからは急に淋れて、現在は貸座敷が七軒あつて、娼妓は五十居る。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は廻し花制で通し花は取らない。費用は晝夜の仕切りがあつて、夜晝共御定りが一圓九十五錢、甲が三圓五十錢乙が二圓五十錢で一泊が出來、且つ臺の物が附いて來る。本部屋は六十錢増し、藝妓は三十分五十錢である。税は額の一割。內藝妓が居て、頻りと土地の民謡を宣傳して居る。殊に芝居踊りが評判だ。安價で、純で、のんびりした處である。
坂城音頭
「坂城ヨイトコ信州一よ、雲の降るのに花が咲く」ヨイヨイヨイヨイヨイトサア
「坂城ヨイトコ千曲の流れ 鮎の名物河鹿鳴く」ヨイヨイヨイヨイヨイトサア

妓樓には春日樓、宮崎樓、新養菊樓、長生樓、北川樓、小林樓等がある。

上田常磐城遊廓

上田常磐城遊廓は長野縣上田市花園に在って、信越線上田驛で下車すれば北へ約十五六丁の處である。朝五時頃から夜十時迄は市電が走って居て、花園停留場で下車すれば宜しい。朝五時頃から夜八時迄は乘合自動車の便もある。市内を見物がてらにそぞろ歩いても三十分位で行き得る處である。

元來上田と云ふ處は、日本でも有数の養蠶地で、信州では先づ首位の處だらう。現に當市には上田蠶糸専門學校があつて、盛んに高等の専門家を養成して居る。其れ程養蠶の盛んな處である。従つて市の盛衰も一に生糸の消長に依つて或る程度の支配を受けて居る譯である。然し生糸の需要は年々増加する一方で、其の止まる處を知らざる有様である事は諸君の方が御存じだ。

當遊廓は明治十一年に許可されたもので、敷地は一萬歩であつた。当時の同業者はほんの四軒で、娼妓が廿二名しか居なかったのであるが、養蠶業と市の發展に伴ひ、現在では貸座敷業が二十軒、娼妓が百三十六人と云ふ素晴らしい發展振りである。市政を施かれてから十年そこそこの市丈けに、何と無く新開町の氣分があり、町全體に覇気があつて、殖民地へでも行った様な感じのする處である。

店は葛寫眞制の店と、陰店の両式に分れて居て、娼妓は居稼ぎ制で送り込み制では無い。遊び方に時間制の店と、廻し制の店との兩方がある。又店に依つては客の好みに應じて兩方を兼ねて居る家もある。御定りは廻し制で甲が四圓、乙が三圓、丙が二圓五十錢、税が一割と云ふ事に成つて居る。御定りは全部本部屋である。茲の娼妓は多く信州の女である。

茲では里謡「昭和甚句」と云ふのが盛んに唄はれてゐる。「夏は七夕上田の新地、秋の花火は日本一よ。眞田の御櫓上田橋、とこ騒ぎで萬々歲』

妓樓は、葛城樓、大中樓、新中樓、大竹樓、辰巳樓、第二筑摩樓、高本樓、美豊樓、八幡樓、元一力樓、昭和樓等である。

岩村田町遊廓

岩村田町遊廓は長野縣岩村田町に在つて、佐久線岩村田驛で下車する。

貸座敷は目下十軒あつて、娼妓は約五六十人居るが、新潟縣の女が多い。店は陰店を張つて居て、娼妓は居稼ぎ制、送り込みはやらない。遊興は廻し花制で、通し花は取らない。費用は御定りが二圓で、本部屋は三圓五十錢位からである。此れで各臺の物が附いて一泊が出來る。

湯田中遊廓

湯田中遊廓は長野縣平穏町湯田中に在つて、長野電鐵線湯田中驛で下車する。

貸座敷は目下十二軒あつて、娼妓は約百人居るが、新潟縣、及本縣下の女が多い。店は陰店を張って居て、娼妓は居稼ぎ制、送り込みはやらない。廻し花制で通し花も取ってる費用は御定り二圓九十錢位で、臺の物が附き、本部屋は一圓増し見当で、各一泊が可能である。

妓樓は內山樓、崎田樓、白雲樓、有竹樓、古久屋、白銀樓、丸喜等。

長久保遊廓

長久保遊廓は長野縣小縣郡長久保町字新町に在つて、丸子線丸子驛の南方約二里の地點に當つて居る。丸子驛よりの定期乗合自動車の便があつて、絶えず汽車との連絡が取れて居る。片道自動貨は金五十錢である。

茲は德川幕府參動交代の當初から、中仙道の重要な宿場であつて、其の當時既に各旅館では飯盛女(今の娼妓)を置く事を公許せられて居た場所である。で元は斯樣に宿場であつたものが、目下では町と少々離れた處に移転して、遊廓と成つたものである。同業者は四軒娼妓は十六人居る。店は陰店で、娼妓は居稼ぎ制で、全部東京式の廻し制を採つて居る。従つて遊興費も比較的安価である。即ち御定りは朝から夕方迄が一仕切、夕方から翌朝迄が一仕切で三圓である。此の三圓の中には、御銚子が一本と肴に小物の二三品は付く筈である。而も遊興税の一割も此の中に含んで居るのだ。比較的諄朴で暴利を貪る様な事は無い。茲は三圓ぽつきり持参しても決して不快を感する様な處では無い。藝妓を呼べば玉祝儀共で一時間一圓五十錢の割である。

長久保甚句
「長い長久保、なかれとやけど ぬしさん一人は 歸しやせぬ」

妓樓は三つ蔦樓、高篠樓、若松樓、新榮樓の四軒。

« 全国遊廓案内(昭和5) 山梨縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!