全国遊廓案内(昭和5) 樺太地方

全国遊廓案内(昭和5) 樺太地方
公開:2021/09/05 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『樺太地方』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


樺太地方

豊原町豊原遊廓

豊原町豊原遊廓は樺太豊原郡豊原町に在つて、樺太本線豊原驛で下車すれば西へ約十七八丁の地點である。圓タクを奮発しても人力車を雇ってもよい。

豊原は樺太廳の所在地で、樺太第一の都會である。製紙工業の盛んな處で、各製紙會社の工場が澤山建つて居る。茲は非常に頽廃的な殖民地氣分の濃厚な處で、其れは到抵北海道等の比では無い。しみしみと寒國気分を味ははされるのも又樺太の地を踏んでからだらう、何と云つても樺太は日本の北極だ。北海道迄來たら、何うしても一度は樺太に渡って見る必要はある。現在此の遊廓には貸座敷が二十四軒あつて、娼妓が百十八人居る。中には朝鮮婦人も居るが八割迄は内地の女である。店は張り店で、盛んに土地の人氣を呼んで居る。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込み制はやらない。本部屋は無く全部廻し制である。御定りは四圓五十銭で一泊が出來、御銚子が一本附く筈である。

妓樓は、いろは樓、富山樓、丸山樓、光和樓、のんき樓、新玉樓、福井樓、平壌優、釣月樓、角海老樓、北越樓、天德樓、豊數棲、かどや樓、昇月樓、かく萬樓、辰已樓、菊互樓、高砂樓、勇明樓、桔梗樓、作生樓、桃太樓等である。

眞岡町遊廓

眞岡町遊廓は樺太眞岡郡眞岡町字臺町に在つて、樺太西海岸線眞岡驛で下車すれば西へ約十丁、驛からは乘合馬車の便がある。

眞岡町は日本海に面した港町で、富士、王子、樺太等の大製紙工場が在るので町には非常な活気があって、金のめぐりも善い。北海道も寒國には相違無いが、樺太に這入らなけば眞の寒國気分は味へ無い。此處の遊廓は大正十一年に創始されたもので、眞岡町の中央背面の高臺に在つて、町の一部と渺茫たる海を眼下に見下して居るので、眺望は又格別である。店は張店で、恰も大正二年時分の吉原を髣髴せしめるものがある。

現在貸座敷が十一軒あるが、十一軒共全部張店である。娼妓は約五十八人居るが全部居稼ぎ制で、送り込み制では無い。廻しは取る事に成つて居るが、別に本部屋と云ふ程の設備は無い。御定りは甲乙丙共全部酒肴附きで、甲が五圓、乙が四圓、丙が三圓である。其れに税が一圓に付き六錢の割合で附加されて行く。勿論此の御定りで一泊出來る譯であるが、此の外別に一時間遊びと云ふ樣な制度は現在の處では無いらしく、矢張御定りの金額を支拂ふ事に成って居るらしい。茲には藝妓は這入らない。けれども眞岡節と云ふ里謡が娼妓間に盛んに唄はれて居る。娼妓の多くは北海道及東北地方の女である。

眞岡節

真岡好い所 西比利亞受けて エンヤラホノホー
海の幸やら山の富
街の賑ひ見おろす丘にや
春は鈴蘭 白樺
秋ナー 秋は燃え立つ七かまど
エンヤラヤノヤー エンヤラヤノエンヤラヤノ エンヤラヤノホー
一か八かで 渡って來たが エンヤラホノホー
ここにも九がある らくがある
苦楽あれやこそ この世でござる
この世ならこそ居りもする
あの世ネ あの世願ふやうな年齢ぢやない
エンヤラヤノヤ エンヤラヤノエンヤラヤノ エンヤラホノホー

妓樓は吉米樓、角蛯樓、大正樓、信夫渡、惣萬樓、笑福樓、都樓、東海樓、太田樓、一二三樓、武蔵樓等である。

« 全国遊廓案内(昭和5) 宗谷線其の他


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!