全国遊廓案内(昭和5) 大阪府

全国遊廓案内(昭和5) 大阪府
公開:2021/09/04 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『大阪府』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


大阪府の部

大阪南五花街遊廓

大阪南五花街遊廓は大阪市南区九郎右衛門町に在つて、大阪湊町驛から東へ約二丁の個處である。市電は千日前、又は日本橋下車、賃六錢。

大阪は商工業の都市である。日本の大阪に非ずして世界の大阪である。其れ程大阪は世界的な商工業の大都市である。高い屋上に登つて民の竈の畑を御覧遊ばされた應神天皇が、初めて大阪へ皇居を移されてから暫くは茲が都であつた。人口も今は二百萬を変破して日本の三大都市の一である。橋の名所で、全市に五百近い橋を所有して居るので、昔から八百八橋と云はれて居た。大阪城址、豊國神社、太融寺、誓願寺の西鶴の墓、法妙寺の近松の墓、天王寺、八坂神社、生魂神社、中島公園、天王寺公園等の名所舊跡がある。

南五花街は、寛永三年に安井九兵衛と云ふ人が道頓堀の繁昌を計る為めに花街の許可を得た事が濫觴で今日の様な盛大を得たものである。花街の中心にある道頓堀の盛況は実に素晴らしいもので、恰も吉原と銀座とを合はした樣な一大勧業境である。定めし安井氏は地下で滿足して居る事だらう。

目下茶屋(貸席とも云ふ貸座敷とも云ふ)は四百九十九軒あつて、娼妓は八百卅一人居り、藝妓は約二千人居る。藝妓の數の多い事は恐らく日本一であらふ。客が貸席に登樓すると、貸席では「逢ひ狀」を出して扱席を通じて相方を呼ぶ。すると娼妓は置屋(家形)から貸席へ送り込まれて來る、詰り送り込み制である。逢狀の文句は斯うだ「小竹樣ゆへ、早や早や御越し、待入候、福長家、桃奴殿」と云ふ様な醉な物である。家形(置屋にも貸席にも寫真は出て無い。陰店も張って無い。遊興は通し花制もやれば、又仕切花制もやつて居る。客の廻しは取らない。居稼ぎも一切やらない。費用は総體で最低が二圓八十鍛で、此れ以上ならあとは遊ぶ人の腕一つで、何程でも面白く遊び得る處である。代表的な貸席としては、富田屋、大和屋、河合等があり、大西屋、丸屋、平野、天満屋、福田屋、里乃家、西桝絹等も夫きい。が斯うした一流處の貸席では、照會者が無ければ揚げないから、照會者の無い人は二流以下の家に行かねばならない。一流の家を「本茶屋」と云ひ、二流以下の貸席を「一現茶屋」又は「おやま屋」等と云つて居る。軒燈に「一現」と書いてあるのが其れだ。一現には少數の居稼ぎ娼妓の居る家もある。一現には藝妓は這入らない。又大阪の料理店にも一切藝妓は這入らない。

附近には、東京の浅草公園の様な不夜城たる千日前があり、道横堀がある。

右の代表的な貸座敷は(揚屋)は富田屋、伊丹幸、大和屋、大西屋丸屋、福田屋等である。

大阪堀江遊廓

大阪堀江遊廓は大阪市西區北堀江に在つて、大阪驛から南へ約十五六丁湊町驛から約七丁、市電は「御池橋」で降りれば便利だ賃六錢。乘合自動車は十二錢。

元は船乘りを主なる客として居た遊廓で、娼妓が主だつたのであるが、漸次藝妓の爲め其の勢力を侵食され、今では其の地位を顛倒して、反對に藝妓が主で、娼妓はほんの申譯的に存在するに過ぎない有様に成った。

目下貸席が百五十五軒あつて、娼妓は四十三人居るが、大阪府の女が最も多い。藝妓は約八百名居る。店は五花街と同様何にも出て居ない。藝妓も娼妓も共に送り込み制であり、又仕切花制、通し花制である事も同様だ。費用も皆共通して居て最低が二圓八十錢(臺の物は別)である。大引け以後なら四五圓で泊れると云ふ事だ。此處でも一流の貸席は照會が必要である。二流以下ならふりの客でも結構。

附近には阿彌陀他、和光寺等があり、大黑粟おこしが名物だ。

貸座敷は、代表的揚屋、木谷、一力、藤島家、桝梅、松葉、藤田家、伏見屋、三益屋、八代等。

大阪市新町遊廓

大阪市新町遊廓は大阪市西区新町に在つて、関西線湊町驛から北へ約十丁、市電は四つ橋、又は新町へ下車する。

新町遊廓は昔から有名な處で、遊廓としての存在も既に三百年の歴史を持つて居る。夕霧伊左衛門、冥途の飛脚、等は何れも皆茲を背景として作られたものである。江戸の吉原と、京都の島原と、長崎の丸山と、茲の新町は、徳川時代の代表的遊廓で、日本の四大遊廓とされて居たものである。今でも大阪では茲が最も古風な花柳情調の漂って居る處だ。

目下貸座敷は百八十三軒あつて、娼妓は五百五十人居る。娼妓の中にも甲と乙とに別れて居て、甲は藝妓と同樣に、揚屋(茶屋)に送り込まれて行く、所謂送り込み制であるが、乙の娼妓は寫真店に抱へられて居て、居稼ぎをやる娼妓である。乙種娼妓の居る一廓を吉原と呼んで居る。遊興は全部時間制又は通し花制で、廻しは絕對に取らない。一時間遊びが二圓八十錢で、此れ以上なら種々な遊び方がある。臺の物は附かない。宵からの一泊は先づ十圓と云ふところ。

大阪市飛田遊廓

大阪市飛田遊廓は大阪市住吉區山王町四丁目に在つて、關西線天王寺驛で下車し、西南へ五丁程行つた處、電車は南海電鐵の阪堺線と、田邊線との交叉點たる「合池驛」で下りた處が飛田遊廓に成っている。

元難波新地に在った遊廓と新町遊廓の一部が、大正七年に茲へ移轉して來たもので、未だ真新らしい木の香りがする程の遊廓である。現在貸座敷は二百廿軒あつて、娼妓は二千七百人居る。九州四國方面の女が多い。大門を入ると中央の大通りを中心に、縦横街は幾筋と無く整然と別れて、和洋折衷の貸座敷がすらりと並んで居る。店は全部寫眞店で、陰店は張って無い。揚屋や引手茶屋も無く、客は直接貸座敷へ登樓するのだ。娼妓は全部居篠ぎ制で、遊興は時間、又は通し花制で廻しは取らない。費用は一時間一圓五十錢で、午後六時から十二時迄が五圓二十五錢、引けから翌朝六時迄が四圓九十五銭、六時から正午迄は二圓七十袋、正午から六時迄は四圓五十銭と云ふ事に成つてゐる。但し臺の物は別だ。藝妓を呼べば一時間の玉代は約九十錢。

主なる妓樓は品の家、秋津樓、大和樓、辨天樓、梅ヶ枝樓、正玉樓、吾妻樓、小山樓、岡山樓、寶閣。金星樓、新大和樓等。


大阪市松島遊廓

大阪市松島遊廓は大阪市西區松島町一丁目二丁目に在つて、松島橋、伯楽橋、千代崎橋、橋本橋、常盤橋、花園橋、花賣橋、何れの橋を渡って行つても善い。市内電車は四方を通っている。歐洲戰亂前後から此の附近は急激に發展して、第二の千日前と云はれる程の賑かさに成つたが、元は明治元年に、松ヶ鼻新開地を松島町と改稱して、市内の各所に散在して居た貸座敷を、全部取拂つて茲に移し集めたのが濫觴で今日の大を成したものである。

貸座敷は目下二百六十軒あつて、娼妓は約三千七百人居る。店は寫眞店で、陰店は張って無い。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。揚屋も茶屋も無い。藝妓を呼ぶには貸座敷へ直接揚げるのだ。藝妓の玉代は一時間九十錢。娼妓の玉代は一時間一圓五十錢、午前六時から正午迄は二圓七十銭、正午から午後六時迄は四圓五十錢、六時から夜十二時迄は五圓廿五錢、十二時から朝の六時迄は五圓と云ふ事に成つて居る。臺の物は別だ。

枚方遊廓

枚方町遊廓は大阪府北河内郡枚方町字櫻新地に在って、京阪電鐵枚方驛西口から西北へ約三丁の個處に在る。

民座敷は現在は三十五軒あつて、娼妓は約百十人居る。店は陰店を張って居て、娼妓は少數の居稼ぎが居るのみで、他は全部送り込み花制である。遊興は時間制、又は通し花制で、廻しは絶對に取らない。費用は、朝から晝迄は一圓卅五錢、晝から暮迄は二圓四十竣、暮から十時迄は三圓、十時から十二時迄は一圓五十錢、十二時から翌朝迄は二圓十錢、一時間遊びは一圓三十五錢。と云ふ規定で、臺の物は附かない。藝妓の玉代も右と同じである。

妓樓は、鶴の家、茂壽屋、大芳、東河內屋、玉芳、華屋、奥野樓、丸伊、花月、竹の家、馬野、上田屋、津の國屋、西松月、松屋。

堺市遊廓

堺市遊廓は堺市龍初(注:龍初は龍神の記述間違いと思われる)町及榮橋、乳守の三ヶ所にあつて相當古くから人に知られて居た、西は大阪湾に面して大阪市の咽喉をなして居る港で非常に工業の盛んな處である。龍初町遊廓(注:龍初は龍神の記述間違いと思われる)は貸座敷数十軒、娼妓約百名位で乳守遊廓は妓樓四十軒、娼妓約四百名位、又最も大きいのは榮橋で妓樓六十軒、娼妓約五百四十名位居る。昔は陰店を張って居たのであるが最近禁止されて全部寫眞制になったのである。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない藝妓を呼ぶなら玉代は一時間九十錢位である。祝儀は客の心次第で定りはない様である。御定りは時間制になつて居るので一時間一圓三十錢位で一時間毎に玉代一圓づつ増して行く計算である。但し一泊となれば六圓から七圓見当と見ればよろしい。普通茶菓或は酒肴が附く様である。

貝塚遊廓

貝塚遊廓は大阪府泉南郡貝塚町に在って、南海線貝塚驛で下車すれば、西南へ約一丁の處である。貝塚町は大阪湾に面した海岸町で、堺、岸和田、貝塚、佐野等の一帯がエ場地帯である丈けに、遊廓の要求も多分に濃厚である。殊に岸和田や佐野には遊廓が無いので、此の方の客は自然貝塚に寄つて來る勘定である。加ふるに大阪市や堺市の好事家達が態々此處迄遠征にやつて來る向もあるので、相当以上に此處の遊廓は発展して居る。因に此處の遊廓は、徳川時代から在つたもので、只宿場女郎が遊廓に形ちを代へた丈けのものである。現在貸座敷が四十三軒あつて娼妓は二百七十人居る。店は陰店を張って居て賑かだ。娼妓は全部大阪式の送り込み制をやって居て、居稼ぎは絶対にやらない。遊興も時間制だから廻しは絶対に取らない。費用は一時間遊びが一圓三十五錢であるが、一泊と成れば六七圓見当である。

主なる妓樓は本田屋、梅鉢、丹羽、竹亭、多賀、桝屋、木岡、坪野、東棲、辻本、花屋、吉野、田中、星野、花月、照家。

« 全国遊廓案内(昭和5) 京都府


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!