全国遊廓案内(昭和5) 長崎縣

全国遊廓案内(昭和5) 長崎縣
公開:2021/09/08 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『長崎縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


長崎縣の部

佐世保市勝富遊廓

佐世保市勝富遊廓は長崎縣佐世保市勝富町に在つて、佐世保線佐世保驛で下車すれば北へ約十五丁、驛前から乗合自動車八幡町行きにて「大丸前」で下車すれば五六丁である。乘合賃は金五錢だ。

佐世保は軍港で鎮守府があり水交社があり、服部中佐の銅像がある。三十年前迄は一小漁村であつたが、軍港に成ると同時に、呉や横須賀と同樣にめきめきと發展して、今では人口が十五萬を突破して居る。此處は佐世保最初の遊廓で、花園遊廓に先んずる事十有七年の、明治二十六年に設立したもので、日本の三遊廓の一つたる長崎丸山廓張りたるを以て有名である。

現在貸座敷が十六軒あつて、娼妓は約百五十人居る。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は通し花制で廻しは取らない。費用は御定りは臺附きで甲が七圓五十錢、乙が六圓五十錢、丙は五圓五十錢である。尚此の他に短時間遊びもあつて一切の費用が二圓で上る遊び方もある。附近には穴妙見(一丁)、烏帽子岳(十七丁)、福石観音(十八丁)等があり、

娼樓には二葉樓、開新樓、辰巳樓、開福樓、本明樓、高松樓、近新樓、松島樓、千年樓、大新樓、油屋、七福樓、新盛棲、高昇樓、梅屋支店等がある。

佐世保花園遊廓

佐世保花園遊廓は長崎縣佐世保市花園町にあつて長崎線早岐驛で佐世保線に乘換へ、佐世保驛で下車すれば、驛から東北へ約十町位の所にある。市営乗合自動車の便があって、花園停留場で下車する。

此處は軍港地として鎮守府を設置せられると同時に廓の入用を感じ、明治四十三年二月に遊廓地の免許となつたものである。

現在貸座敷は總計四拾七軒あつて、娼妓は参百四拾人位居るが、全部居稼ぎ制である。店は陰店側で、自由に娼妓と接見して交渉が出来る様になつて居る。時間制もあるが午後六時から翌朝八時迄と八時から午後六時迄の仕切遊び制もある。一仕切三圓八十錢、遊興税三十錢であつて一時間遊びが一圓である。廻し部屋と本部屋の區別なく、各娼妓は部屋を持つて居て一夜家庭的の情味がある。中には二枚鑑札の者も居るので藝妓の必要がない。

遊樓は、丸新樓、新松棲、山月樓、幸昇樓、一軒屋、三盛樓、大阪樓、丸加樓、若月樓、國明支店、國明本店、寶玉樓、新高砂、三國樓、峰龍、新開樓、吾妻樓、鶴鳴樓、一福樓、大明樓、國華樓、一楽、第二芳華樓、櫻屋、鶴の屋、第三吉津樓、昇進樓、第一鶴鳴樓、丸一樓、此花樓、尾ノ道樓、音羽屋、春雨樓、芙蓉樓、高砂樓、山海樓、大黒樓、吉津樓、開明樓、松月樓、梅屋松島樓、花園樓、高砂樓支店、萬屋、第一吉津樓。

早岐町遊廓

早岐町遊廓は長崎軒早岐町にあつて長崎本線早岐驛で下車する。

貸座敷は四軒あつて娼妓は約三十人居り、店は陰店制で、娼妓は重に近縣人である。御定りは臺の物附の一泊は、六圓五十錢、又時時遊びは最低壹圓五十錢位でも遊興が出來るらしい。

大村町遊廓

大村町遊廓は長崎縣大村町にあつて、長崎本線大村驛で下車する。此處は大村氏の奮城下で大村湾內航行汽船の發着所である。

現在貸座敷は九軒あつて娼妓は約七十名位居るが殆んど本縣下の女である。店は陰店制で娼妓は全部居稼ぎ制だ。客の廻しは取らない。御定り臺の物附六圓三十錢で一泊が出来る。時間遊びなら一圓位から出來る。


島原町遊廓

島原町遊廓は長崎縣島原町にあって、長崎本線諫早驛で島原鐵道に乗替へ島原港町驛で下車する。附近に開港場湊がある。

妓樓は現在十一軒、娼妓は約百人位居り店は陰店を張って居る。娼妓は居嫁ぎ制で、週しは取らない。御定りは七圓、六圓、五圓とあつていずれも酒肴附で一泊が出来る。一時間遊びは一圓五六十錢見當。

長崎市丸山遊廓

長崎市丸山遊廓は長崎市丸山町と寄合町に在つて、長崎縣長崎驛から市内電車で、思案橋終點へ下車すれば宜しい。此の思案橋を渡ると直ぐ石灰町で、直ぐ丸山町に続いて居る。

「江戸の女郎に長崎の衣装を着せて京都の揚屋で遊び度い」
と昔から謡はれて、四大遊廓の中でも、長崎の衣裳は特に華美であつたものらしく、又遊び方も可成豪奢を極めた處らしい。井原西鶴は「長崎に丸山と云ふ處なくば、上方の金銀無事に歸宅すべし、海上の氣遺ひの他、いつ時を知らぬ戀風恐し」と云つて居る様に、長崎へ行つた人で、恐らく此の丸山へ足を踏み入れて來ぬ人は無いだらう。もしあつたとしたならば、其の人は女か子供位なものだらう。其れ程有名であり、又其れ程一種獨特の氣分の漂つて居る處なのだ。

松平長七郎、頼山陽、平賀源內、蜀山人、吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬、井上馨、大隈重信等は何れも此處の美妓の酌する魔酒に陶酔した人々だつた。支那人と日本遊女の戀。蘭人と日本傾城の情話、等々數々の甘いローマンスは皆茲で醸されたのだった。丸山遊廓は市の東方に当って、一寸した高臺に成つて居るので、附近の人々は「山」と呼んで居る。ゆるい傾斜地に、大小の妓樓がずらりと二十二軒も軒を並べて、料理店、藝妓置屋、等の紅燈、青燈が點在して居る中から、絃歌や、艶めかしいさんざめきが流れて來る邊りは、眞に日本の花街らしい気分がする。

目下貸座敷は二十二軒あって、娼妓は約二百人居る。店は寫眞制と陰店制の両制あって、娼妓は全部居稼ぎ制である。遊興は時間制又は仕切制で費用は一時間遊びが一圓二三十錢位、宵から翌朝迄の一泊は四圓見當で、臺の物は別である。

長崎市出雲町遊廓

長崎市出雲町遊廓は長崎縣長崎市大浦出雲町に在って、門司本線長崎驛で下車すれば南へ約三十丁の地點に在る。長崎驛前から市電に乘つて出雲町で下車すれば直ぐである。此の時間約十七八分位なものであらふ。

現在の遊廓は、明治二十六年三月一日に設立されたもので、遊廓としては新らしい方である。多分散在している私娼の風紀を取締る必要上から生れたものらしい。何れにしても長崎は、明治維新前迄の勢と云ふものは素晴しいもので、総ての文化の源泉地であつた。殊に蘭學に於ては最高の學都であった。茲に學ばねばーかどの医師とは認められなかつた時代もある。丸山を有し、船戸町を有し、出雲町を有し、稲佐を有する長崎は、現在の長崎港としては少々荷が重過ぎる傾向はあるが、維新前の長崎は未だ未だ素晴らしいものだったと云ふ事である。

現貸座敷は九軒あつて、娼妓は八十五人居る。店は陰店で紺ののれんが下つて居る。娼妓は居稼ぎ制で、廻しは取らない。従って御定りの他は時間制で一時間一圓五十錢位である。御定りは甲七圓、乙六圓、丙五圓、外に客一人に付税が五十錢付く事に成つて居る。御定りには無論御銚子に小物が付いて一泊出来る事に成っている。

妓樓は、萬年樓、山遊亭、紅夢樓、清月樓、小松樓、紫藤樓、織屋、大學屋、櫻家、の九軒。

長崎市戸町鶴海遊廓

長崎市戸町鶴海遊廓は長崎軒長崎市戸町に在って、九州線長崎驛で下車すれば、南へ約三十丁、乗合自動車又は市電で大波止迄行き、大波止からランチ(小舟)で渡る方が面白い。

長崎の事は既に丸山の項で記したから、茲では二重を避けて省略する。此の鶴海遊廓は丸山よりもずっと後に出來たもので、今より約四十年前の明治二十年頃の事である。

現在貸座敷が十六軒あつて、娼妓が約百八十人居る。断髪も居れば、洋装も居り、支那服も居れば日本服も居る事は丸山と同一である。店は寫眞制の家と、陰店制の家との両方あるが、暫時陰店の方が多く成って行く傾向がある。娼妓は居稼ぎ制で送り込み制では無い。廻しは取らないが時間制では無い、詰り一泊しても五圓乃至六圓であるが、一時間でも五圓乃至六圓であると云つた狀態である。然し茲でも私娼との抗上、一時間二圓位の制度をも採用しやうと組合員で目下相談中である。

妓樓は、竹田屋、新高樓、第一壽、第二壽、萬歲、光喜樓、萬盛、二松、新政、新玉、明治家、山月、松葉、新喜、等がある。

長崎市稲佐遊廓

長崎市稲佐遊廓は長崎縣長崎市稲佐町にあつて鐵道は門司長崎線、長崎驛下車、西北へ約十五丁位の處にある。市内電車稲佐橋通停留所で下車する。

長崎市は古い開港場として有名である事は既に説いたが茲の遊廓は明治三十九年に初めて許可となつて今日に及んだものである。妓樓數は十四軒、娼妓約百拾五人位居り、居稼ぎ制で送り込み制ではない。その中二軒は寫眞制、十二軒は陰店制である。特に時間遊びはなく夕五時から暁六時迄と、八時から午後五時迄の仕切があって、平均四圓位である。外に遊興五十錢増である。藝妓も呼べる平均二時間玉代二圓が普通である。附近には観音崎の名勝がある。

妓樓は、遊喜接、吉田屋、港樓、小櫻樓、都樓、二見、勝遊楽、千年棲、明月、見好樓、玉姫樓、龜鶴樓、鶴家、大笑樓、等がある。

« 全国遊廓案内(昭和5) 佐賀縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!