全国遊廓案内(昭和5) 大分縣

全国遊廓案内(昭和5) 大分縣
公開:2021/09/08 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『大分縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


大分縣の部

別府市遊廓

別府市遊廓は日豊線別府驛で下車する。

別府温泉は日本一の名湯で、古來から八湯と唱へられて居た處で、別府、濱脇、観海寺、堀田、津川、鐵輪、柴石、明礬等で、各泉質及風景も異にして居る。それに八幡地獄とか、血ノ池地獄とか、海地獄とか、坊主地獄とか紺屋地獄などと奇抜な地獄巡りも又浴客の趣味深い行事の一つである。龜川は別府温泉の北の門戶となつて居て、後には鶴見、由布の火山を負ひ、海岸に、平地に、谿谷に至る處に溫泉の湧かぬ處はなく、含鐵泉、単純泉、硫黄泉、鹽類泉等あつて、溫泉は我々人類が天から與へられた唯一の恩恵であり、無上の天恵である。

貸座敷は現在、五十七軒、娼妓四百七八十名位居て、殆んど各場人の寄り集りである。店は寫眞制で娼妓は居録制の一大遊廓を形成して居る。中には少数の送り込みをやる娼妓もあるらしい。御定りは一時間二圓位で、一泊なら六七圓で臺物付の見當である。藝妓も呼べるが、一本が七十五錢で一時間が二本、即ち一圓五十錢の玉代だ。

大分港遊廓

大分港遊廓は大分縣大分市大分港町に在って、日豊線西大分驛で下車すれば西北へ約五丁、電車は「菡萏」に下車すれば宜しい。

大分市は九州東海岸唯一の市で縣廳の所在地、元大友氏の城下で、城址は今縣廳、水產試験場、女學校等に成っている。檜物細工が此處の特産物に成つて居る。港町からは笠結島が見えて景色は殊によい。

遊廓には貸座敷が二十二軒あつて、娼妓は百九十人居る。女は全部近縣の者計りである。店は寫眞制で陰店は張つて無い。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊與は時間制で廻しは取らない。御定り一泊が六圓で、二時間遊び(約一時間半)は二圓である。税は一割、臺の物は別勘定である。

貸座敷には、大和樓、春栄樓、花月樓、中川樓支店、松石樓、新玉樓、大崎樓、港屋樓、入舟樓、松竹樓、大正樓、寶海樓、壽樓、金榮樓、梅月樓、栄樓、春日樓、酔月樓、一薬樓、玉川樓、常春棲、中川樓、等である。

佐賀關町遊廓

佐賀關町遊廓は大分縣佐賀關町にあつて、汽船は大分から發着して居るし、汽車は日豊本線大在驛へ呼へ下車して、東方へ約三里十七町の位置で佐賀關海峡に面した處にある。

昔神武天皇御東征の時には、此地に椎根津彦が居て東征船隊の前軍となつて偉功を奏した處だ。其の遺蹟は、今は速吸日女神社となつて居る。

目下貸座敷は四軒あつて娼妓は約三十人位居り、店は陰店制及寫眞制の両制となつて居る。御定りは一時間二圓位で、一泊なら酒肴附五六圓見当である。客は一人一客主義で廻は取らないから比較的ゆったり出來る。

下ノ江港遊廓

下ノ江港遊廓は大分縣北海郡下ノ江港字下ノ江に在って、九州日豊線下ノ江驛から東へ約二十丁、俥賃は四十五錢である。奮幕時代は有名な良港で、各府縣の船舶は上り下りの都度に淀泊したものだ。其の時分から此處には「風呂焚き女」と云ふ私娼が居たが、其れが漸次発達して今日の遊廓と成ったものである。下ノ江遊廓は九州でも有名で、縣下の名物と成っている。娼妓は一枚鑑札ではあるが、元藝妓をした経験のある女が多いので、自然諸藝に達して居る者が多い。

目下貸座敷が六軒あつて、娼妓は三十人居る。送り込み制で、客との交渉は甚だ自由である。遊興は時間制で廻しは取らない。費用は一時間一圓泊りは三圓、臺の物は別である。但し泊りは三圓であるが「貰ひ」が利く事に成つて居るので、貰ひを断はるには、最初から貰ひ分を佛つて置かねばならぬから、結局六圓出さねぼ獨占が出來ない事に成る。藝妓は居ない。

妓樓は、花屋、永楽屋等が有名だ。

下ノ江節は太鼓三味線で娼妓も唄ふ。
「ア、下ノ江可愛いや、金比羅山に、松が見えますほのぼのと、サノヨイヨイ」
「ア、下ノ江港に錨はいらぬ、三味や太鼓で船つなぐ、サノヨイヨイ」

« 全国遊廓案内(昭和5) 長崎縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!