全国遊廓案内(昭和5) 神奈川縣

全国遊廓案内(昭和5) 神奈川縣
公開:2021/08/31 更新:

過去から新しいことを知るために、昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、かつて『神奈川縣』に存在した遊廓を説明します。


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


神奈川縣の部

川崎遊廓

川崎遊廓は神奈川縣川崎市南町に在つて、東海道線川崎駅下車、東南へ約拾丁の地點に在る遊廓である。遊廓の傍には京濱電車の停留場もあり、又乘合自動車の便もある。

元東海道五十三次中の宿場女郎であったものが、明治三十七年に現在の遊廓指定地へ移轉したものである。震災前迄は張店で娼妓は皆長い煙管を喰へて居たるのであるが、今日では全部陰店に成って終った。娼妓は居稼制であり、廻し制度であつて、純粋の東京式であるが、御定り甲五圓、乙三圓五十錢、丙二圓五十錢と云ふ組合の規定は、東京より寧ろ高價い位であるけれ共、御銚子一本に肴小物が付くので結局安上りかも知れない本部屋の
設備は無く全部廻し部屋計りである。遊興税は一圓に付金七錢である。東京及横濱の過剰人口がどしどし川崎に移住して、工場が建ち会社が建ち、忽ちにして市政が施かれる程の大繁昌を來した所謂新興の大市邑である丈けに、遊廓方面る可成り繁華を見せて居る。現在の人口約十萬に對して、貸座敷が拾九郎、娼妓約百九十人は少々過剰の傾向があるにも拘らず、其れを難無くこなし行く處に新興の氣鋭が覗はれる。尤も客の二三分通り迄は東京及横濱の好事家であると云ふ噂である。

藝妓を揚ぐれば二時間一座敷金三圓である。妓樓は高塚、玉木や、藤や、荒井や、三浦や、常多樓、金波樓、新高樓、吉田樓、新相模、新三浦、森大と樓、金高樓、太田や、勢州樓、三好樓、清勝樓、三日月樓、一力樓の十九軒である。附近には川崎の大師があり鶴見の總持寺があり、花月園がある。

横濱真金町遊廓

横濱真金町遊廓は神奈川縣横濱市真金町に在つて、東海道横濱駅から東へ約十丁、市電は足曳町又は横濱橋で下車する。

横濱は安政年間、幕府と米國全權ハルリス氏とが、最初に通商條約を結んだ地として、永久に忘るる事の出來ない地である。共れを永久に記念せんが爲めに、野毛山の丘上には井伊掃部頭直輔の銅像が建つて居る。復興の新裝成つた大横濱市は真に堂々たるもので、伊勢佐木町及其附近は東京の銀座界隈よりも遙かに善い處がある。人口は既に五十萬を數へ、六大都市の一つに數へられて居る。昭和三年の貿易總額は十三億五千萬圓で、神戶港の次位である。真金町の遊女で、名は忘れたがペルリが入港してから間も無くの事だつたらう。未だ外人の珍らしかった當時、ある富豪の米人が其の花魁を買ひ度いと申込んだ、けれ共花魁は何うしても応じない。內所では高い金に成る事だから是非出ろとすすめる。內所には義理がある。さればとて外人の爲めに踏みにじらるる、氣には何うしても成れなか
った。其れで彼女は決心した
「露をだに、厭ふやまとの、女郎花
降るアメリカに、袖はぬらさじ」
と云ふ一首を辞世として、大和撫子の最後の気焔を揚げつつ自殺した遊女が居た。何れにしても開港と真金町とは、甚だ浅からぬ關係に在ったものである事は事実である。目下は貸座敷が五十九軒あつて娼妓は約五百人居るが、福島、山形、千葉、茨城地方の女が多い。店は寫眞店であり乍ら陰店を張ってある。娼妓は居稼ぎ制、遊興は全部廻し花制である。費用は一時間遊びが一圓ニ三十錢、御定りは二圓五十錢位で臺無し、本部屋は四五圓からで臺の物附きである。名所としては野毛山、阜頭、三溪園等である。

横濱青木町遊廓

横濱青木町遊廓は神奈川縣横濱市青木町字反町に在って、東海道線東神奈川駅から南へ約四丁、市電は只の一丁場だから敢て乗る程の事は無い。

今は横濱市の中に編入されて居るが、昔は青木町邊一帯から、今東神奈川駅のある辺を神奈川宿と云つた處で、五十三次の一だつた。拾度野毛山のふもとに當つて居て、昔は直ぐ傍らで海の波頭が白く砕けて居た處だつた。今の遊廓は此の國道筋の宿場から移博して來たもので、妓樓は目下二十三軌あつて、娼妓は約百七十人程居る。店は写真店であり乍ら陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制、遊興は全部東京式の廻し花制である。費用は一時間遊びが一圓二三十錢位、御定りは二圓五十錢位、本部屋は四五圓位からである。

横濱保土ケ谷遊廓

横濱保土ケ谷遊廓は神奈川縣横濱市保土ヶ谷町に在つて、東海道線程ケ谷駅で下車すれば南へ約五丁の處である。乗合自動車の便があるから保土ケ谷橋で下車すれば直ぐである。
茲は昔東海道五十三次の宿場で、廣重の絵で世人が善く知つて居る。現在の遊廓は其時代が残した飯盛女の化身である。最近迄は獨立した町であつたが、震災後に大横濱市の復興と共に合併して現在に至ったものである。で目下は貸座敷が七軒あつて、娼妓は五十人居る。制度は總て東京式で、店は寫眞制、娼妓は居稼ぎ制、客は廻し制。と云ふ事に成って居る。御定りは甲が本部屋へ這入つて臺の物附きで五圓、乙は廻し部屋で銚子一本附きがニ圓である。尚税が一圓に付七錢宛附加される。勿論此れで一泊が出來る筈だ。藝妓の玉代はニ時間一座敷で四圓三十錢宛である。娼妓は東京地方及闘東地方が多い。妓樓は、東家、第一萬金楼、第二萬金樓、松芳樓、大松樓、松美樓、鹽田樓の七軒である。

横須賀市遊廓

横須賀市遊廓は神奈川縣横須賀市柏木田に在って横須賀線横須賀駅から約十丁位乗合自動の便もある。

横須賀は吳、舞鶴と同様に海軍の市である。鎮守府、海軍工廠、水雷園、水雷學校、海軍飛行場、等があつて人口は十萬を突破して居る。貸座敷も鎮守府の開設と共に出來たもので、云はば海軍女郎屋である。私娼の爲めに相當大きな地磐を奪はれては居るが、其れでも貸座敷が二十六軒あり、娼妓は百五十人を突破して居ると云ふ豪勢さ。店は寫眞制と陰店式の両方あって、娼妓は全部居稼ぎ制。遊興は東京式の廻し制で、費用は最低一圓位から四五圓程度である。本部屋は四圓位からだ。


三崎町北條遊廓

三崎町北條遊廓は神奈川縣三浦郡三崎町字北條にあつて、鐵道は横須賀線の横須賀駅で下車するか或は逗子駅で下車する。三浦半島先端の岬にあるので、駅から下車して西南へ約五里位の處にある。乗合は自動車が定期に運転して居るので不便を感じない。東京より行くには霊岸島出帆の東京湾汽船三崎行を利用すれば非常に便利である。気候が温和
で肴の非常に豊富な處であるから夏の避暑等には此の地方が非常に繁昌する處である。此の町は漁場のこととて、漁船の出入が多く従つて、昔から船人相手の遊女が澤山居た所である。樓數は總計五軒、娼妓四十四人居て、全部居稼ぎ制である。店は寫眞制で大概廻し制か一時間制である。御定りは臺の物付二圓位で席料は八十錢で一時間遊びは一切含みで一圓六十錢位である。此の遊廓の娼妓は大抵大島甚向か三崎甚句の一つ位は唄って聞かせる所だ。三崎甚句の文句一つ
「三浦三崎は女のよばい、男後生樂寝て暮す」
藝妓も呼べる。玉代1時間一圓九十錢位附近には城ケ島があって非常に風景の善い所として有名である。妓樓は、近江樓、東海樓、金田樓、西宮樓、三國樓の五軒だ。

浦賀遊廓

浦賀遊廓は神奈川縣三浦郡浦賀町に在って、横須賀線横須賀驛から東へ約二里、横須賀から船で行ってる善い。乘合自動車で行ってもよい。

浦賀港は、下田港と共に西洋文明輸入の關門で、文明史上に見逸すべからざる所である浦賀奉行の家敷跡とか、番所とか、大砲臺場の址とか、ペルリ上陸記念碑だとかがあつてそぞろ幕末當時のあわただしさを想像せしめる物がある。遊女屋も其の當時には既に在ったもので、今よりは趣かに殷盛を見せて居たのであつたが、鐵道が敷かれ、横濱が開港されると共に衰微して、今では貸座敷がたつた二軒あるのみで、娼妓も七八人しか居ない。陰店を張っていて、娼妓は居稼ぎ制、遊興は廻し制で、費用は御定りは二圓で臺附、四圓からは本部屋である。附近には浦賀ドックがある。茲は私娼の爲めに公娼が幾分圧倒されつつある形だ。

藤澤町遊廓

藤澤町遊廓は神奈川縣高座郡藤澤町字辰巳町に在つて、東海道線藤澤駅へ下車して西へ約三丁、乗合自動車もあるが乗る程の必要も無い。

藤澤は、江ノ島鎌倉を遊覧する人々が、省線から片瀬行の電車に乗替へる處だ。町の後には見晴しのよい小山があつて、此處には遊行寺と云ふ有名な寺がある。時宗の總本山で、清浄光寺、又は藤澤道場とも云つて居る。本山の住寺なる大僧上は、常に全國管下の寺院を遍路歷程して歩くので遊行寺の稱がある。德川時代には將軍家から年々五百石宛の扶持を貰って居た。筑波へ行けば、必らず筑波の遊廓を素見して來るやうに、江ノ島鎌倉への帰途には必らず藤澤へ寄つて、此處の遊廓を素見して行く者が多い。東海道五十三次の一つで、明治十三年には宿場の飯盛女が娼妓に昇格し、明治三十五年には縣令に依つて散娼制から、現代の遊廓に移轉して集娼制と成ったものである。目下貸座敷が十軒あつて、娼妓は五十人居るが、重に東北地方の女である。店は陰店を張って居て娼妓は全部居稼ぎ制だ。客の廻しは取つて居る。客の好みに依つては通し花(俗に此地ではシキリと云つて居る)にも応ずる事がある。此の場合には一仕切(全夜)十圓である。費用は御定りが酒肴附で二圓六十五銭だ。勿論此れで一泊が出来る。一時間遊びは二圓である。妓樓には、桂家、岩月樓、松坂樓、三浦樓、月見樓、大和樓、丸家、立花家、橋本樓、辰巳樓等がある。

平塚遊廓

平塚遊廓は神奈川縣中郡平塚町字平塚に在つて、東海道本線平塚驛の西北約十丁の地點に在る。乗合自動車豊田道で下車すれば直ぐである。

元來中塚町は、東海道五十三次以來の古い宿場であつて、土地に大きな塚がある事に依つて此の名が起因して居る。元は宿場の飯盛女で、十返舎一九の膝栗毛に愛嬌を漂はした處であるが、最近に遊廓と成つたものである。目下は何處も彼處も寫眞式か陰店式に成って終ったのに、而も茲は大東京の玄関に近い處であるにも拘らず、依然として古風な吸付
煙草で張店を行なつて居る。目の覚めるやうな御揃いの裲襠をひっかけて、すらりと打ち並んで居る様は可成奇観であつて、微か乍らも大江戸時代の華かさを忍ばされるものがある。現在妓樓は十二軒あつて、娼妓は全部で百二十人居る。本部屋としての設備は無いが本部屋と廻し部屋との中間の様な設備に成つて居る。遊興は總て時間制で全部を引くるめての最低遊興費は一時間一圓八十錢で、最高三圓五十錢位である。十一時過ぎから翌朝八時頃迄なら五圓乃至七圓位な物である。藝妓も呼べる。一時間の玉代が六十銭である。娼妓の遊興費は少々高い様に思はれるが、過しを取らない為いだらう。平塚民謠ホツクリ節
「相州平塚(ヨイチ)ツリツリおいも(ホラエ) 一度歸せばせば又はれる(ほつくりほつくりほつくりヨワラ火でホツクリ十三里)」
妓樓は、福岡、新笹、旭、相模、東、平田、京友、武蔵、金鱗、第二松榮、蛭子、第一松榮の十二軒。

大磯町遊廓

大磯町遊廓は神奈川縣中郡大磯町字大磯に在つて、東海道線大磯驛から東北へ約五丁、乗合自動車は大踏切で下車する。貨十錢。

大磯も五十三次の宿場であったが、其れよりも有名な事は、鎌倉時代に於ける唯一の花柳界であった事だ。西鶴物や、鎌倉時代の洒落本等を見ると、鎌倉から態々大磯船で漕ぎ附けたものらしい。あの時代が恐らく大磯の全盛期だつたらふ。遊廓の近傍の虎子堂には會我兄弟の木像があり、延臺寺には虎子石と云ふのがあつて、十郎が虎の家に泊つた夜工藤祐經の間者が十郎を射殺す爲めに射つた矢が此石に當つて十郎は無事だった。石に矢の跡が残つて居る。尚名所としては照ヶ崎海水浴場、千畳敷、鴫立澤等がある。鴫立澤は西行法師の歌で有名に成つた處だ。目下貸座敷は、柳川樓、和涯樓、桃や樓の三軒しか無く、普全盛時代の面影は其の片鱗だも見出せない。娼妓は八人居るが東京府と茨城縣の女計りだ。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制、遊興は時間制で廻しは取らない。經
費は一時間一圓八十銭、引け過ぎからの一泊は五圓三十銭である。臺の物は附かない。藝妓は居ない。本部屋も無い。

小田原初音新地

小田原初音新地は神奈川縣小田原町初音新地にあって、熱海線小田原駅で下車すれぱ約三丁位の東方にある。駅から柔合自動車及市外自動車の便があつて、五人乗で約五十錢位である。昔は東海道筋に散在して居たのであるが、明治卅六年現在の場所に移轉して一廓を成したもので、現在では娼樓六軒娼妓約五十人位居る。箱根が目先にあるので箱根の歸り路に一寸足を止めるのも一興のある事と思ふ。制度は寫眞制もあるが、古風な陰店制もあるので面白い。遊びも時間制と廻し制とある。遊興費は税金席料一切含みで泊りが三圓五十銭位から六七圓位迄で又二時間遊びは一圓五十銭である。藝妓を呼ぶ事も出來玉代は一時間大小一組で一圓五十錢である。附近には小田原評定で有名な小田原城址がある。妓樓は伊呂波樓、加納樓、菊本樓、松本樓、寶來樓、金昌樓の六軒。

吉野町吉野遊廓

吉野町吉野遊廓は神奈川縣津久井郡吉野町字吉野に在つて、中央線與瀬驛で下車すれば西へ約一里の處に位して居る。乗合自動車の便があつて、大房商店前で下車すれば宜しい。賃五十錢。

吉野は甲州街道の古い宿場で、安政四時分には族館兼遊女屋が十八軒もあつて、町も相當に繁華したものであるが、鐵道が開設され次いで明治三十六年には現在の個處に遊廓と成って移転してからは急に淋れて、現在では貸座敷がたつた三軒に減少し、娼妓も十三人しか居なく成った。店は陰店で、娼妓は居繰ぎ制である。送り込みはやらない。遊興は廻し制で時取制では無い。本部屋と云ふ設備も無い。御定りは臺付ニ圓五十錢で稅も此の中に含んで居る。藝妓を呼べば一時間玉代が一圓五十錢である。娼妓は神奈川縣東京府等の女が多い。妓樓は柴田樓、常盤樓、中山樓の三軒である。

« 全国遊廓案内(昭和5) 茨城縣


 ↓↓↓ 全国遊廓案内一覧はこちら

全国遊廓案内(昭和5) はじめに

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、当時存在した遊廓を都道府県単位で一覧にしています。

 ↓↓↓ 遊廓言葉辞典はこちら

全国遊廓案内(昭和5) 遊廓語のしをり(遊廓言葉辞典)

昭和5年(1930)に出版された『全国遊廓案内』を翻刻した内容をご紹介します。こちらでは、遊廓に関連している言葉の意味を説明しています。(遊廓言葉辞典)


B!
今後の励みなります。よろしければシェアをお願いします!